[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元全米女王ゴールド、病から2年ぶり復活の舞にファン感動の嵐「本当に誇りに思う」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は16日、女子ショートプログラム(SP)で元全米女王グレイシー・ゴールド(米国)が2シーズンぶりに復帰。

2シーズンぶりに復帰を果たしたグレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】
2シーズンぶりに復帰を果たしたグレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】

うつ病、不安症、摂食障害から復帰、最下位発進も大きな一歩「あとは上がるだけ」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は16日、女子ショートプログラム(SP)で元全米女王グレイシー・ゴールド(米国)が2シーズンぶりに復帰。37.51点で10人中最下位となったが、摂食障害などによる休養から見事にカムバックした。演技後、「私は今日思い出したの、競技って大変」と明るくツイートしたが、ファンから「勇気に感動した」「本当に誇りに思う」と感動の声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 美しき元全米女王が銀盤に帰ってきた。ゴールドの名前がコールされると、復帰を待ち望んでいたファンが大歓声で出迎えた。黒の衣装に身を包み、緊張の面持ちで演技を開始すると、2回転ルッツ―2回転トウループを着氷。大きな拍手が沸き起こった。続く3回転フリップで転倒。しかし、今度は後押しの拍手で会場が盛り立てた。

 不本意な演技となったが、最後まで演じ切ると息をつき、少しだけ安堵の表情を見せた。得点は37.51。しかし、結果以上の価値がある演技だったことは言うまでもない。昨季はうつ病、不安症、摂食障害の治療のため全休。平昌五輪も断念しながら、自分に打ち勝ち、かつて輝きを放ったリンクにこの日、帰ってきたのだ。

 演技後、自身のツイッターに「みんな……私は今日思い出したの、競技って大変」と絵文字を織り交ぜ、努めて明るい様子で振り返ったゴールド。しかし、返信欄には「あなたはアメージングだった」「愛しているわ、クイーン!! 本当に誇りに思う」「立ち向かって!」「衝撃的だった」「あなたはスター」と激励のコメントが相次いだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集