[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「圧倒」、ザギトワは「完璧」 異次元の“世界新競演”にISU公式絶賛

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は16日に開幕し、男女の五輪覇者が異次元の世界新記録で競演した。

ロステレコム杯で圧巻の演技を披露した羽生結弦(左)とアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
ロステレコム杯で圧巻の演技を披露した羽生結弦(左)とアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

男女五輪覇者の世界新記録にISU公式サイトも賛辞

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は16日に開幕し、男女の五輪覇者が異次元の世界新記録で競演した。男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が110.53点をマーク。続いて女子SPで平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が80.68点をマーク。そろって自身が持つ世界記録を塗り替えた。ロシアの地で衝撃を与えた2人に対し、大会を統括する国際スケート連盟(ISU)公式サイトも「圧倒」「完璧」と絶賛している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 現代最強の男女スケーターがモスクワの地で衝撃を走らせた。まずは羽生だ。男子SP。「秋によせて」の調べに合わせ、美しく舞った。冒頭の4回転サルコウを完璧に決めると一気に会場を惹き込み、ノーミスで演じ切った。叩き出した110.53点は自身が2週前のフィンランド大会で記録した106.69を4点近く塗り替える新記録となった。

 衝撃は終わらない。続いて行われた女子SPでザギトワが魅せた。「オペラ座の怪人」の新プログラムで冒頭のルッツ―ループの連続3回転を成功。すると、以降はジャンプを次々と決め、完璧な演技を披露した。地元のファンから喝采が注ぎ、9月のネーベルホルン杯で自身が記録した世界最高記録を0.85点更新。80.68点を叩き出した。

 五輪覇者が世界新記録で圧巻の競演。大会を統括するISUは公式サイトで2人に対して賛辞を送った。羽生については「五輪を2度制した日本のユヅル・ハニュウは今シーズンの2度目のグランプリ金メダルに向けて男子ショートプログラムで圧倒した」と伝えた上で「数えきれないほどのファンがクマのプーさんなどの贈り物で氷上を一杯にした」とフィーバーぶりをレポートした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集