[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敗戦のフェデラー「いつも通りではなかった」 一方で錦織称賛「とても良かったよ」

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、グループ・レイトン・ヒューイットの予選リーグ第1戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで破り、好発進を決めた。錦織から約4年半ぶり、キャリア3度目の黒星を突きつけられたマエストロは「ケイは偉大なるファイター」と称賛している。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

敗れたフェデラー(右)が錦織を称賛している【写真:Getty Images】
敗れたフェデラー(右)が錦織を称賛している【写真:Getty Images】

4年半ぶりに敗れたフェデラーが錦織を称賛

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、グループ・レイトン・ヒューイットの予選リーグ第1戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで破り、好発進を決めた。錦織から約4年半ぶり、キャリア3度目の黒星を突きつけられたマエストロは「ケイは偉大なるファイター」と称賛している。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 この試合まで錦織相手に6連勝を飾っていたフェデラー。第1セットをタイブレークの接戦となったが、これを失うと完全に日本のエースにリズムを掌握された。

「いつも通りではなかった。ここ3大会の自分のプレーと比べると間違いなくスローだった。誰もが少し修正をしていくものだけれど、自分もそうするよ」

 記事によると、フェデラーはこう敗戦を分析する一方で、「全体的にヒッティングに関しては問題なかった。今日のウォームアップは良かったんだ」と試合前には自らのプレーに異変を感じていなかったと語っている。

「どちらも少しナーバスになっていた。相手のセカンドサービスに対していかに攻撃するのか分からない感じだった」と第1セットの膠着状態を振り返ったフェデラーだが、「(錦織は)とても良かったよ。上海ではお互いに最高の試合ができたんだ。パリとウィーンでは少し疲れもあったけれど。今日は大会の初戦だったからね」と勝者を潔く称えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集