[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が嫌った“敵”に米実況席指摘 「気になるね。僕から離れてくれ!って」「ハハハ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地メッツ戦に「2番・DH」で先発。第3打席にエンタイトル二塁打を放つ直前、“敵”が群がった。米実況席は「『僕から離れてくれ!』って」「ハハハ」と話題にしている。

メッツ戦に先発出場したドジャース・大谷翔平【写真:Getty Images】
メッツ戦に先発出場したドジャース・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地メッツ戦に「2番・DH」で先発。第3打席にエンタイトル二塁打を放つ直前、“敵”が群がった。米実況席は「『僕から離れてくれ!』って」「ハハハ」と話題にしている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷に近づきたいのは人間だけではないのか。1-2の5回先頭。カウント2-1からだった。突如、顔の周りに虫が寄ってきたようだ。嫌った大谷は手で払いのけようとしたが、なかなか対処しきれない。一度打席を外し、球審の方を向いて苦笑いした。右手、左手で振り払い、直後に右翼線へエンタイトル二塁打を放ってみせた。

 米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の実況ジョー・デービス氏は「彼は今、虫が気になっていますね。『僕から離れてくれ!』って」と驚きまじりに指摘。解説のオーレル・ハーシュハイザー氏も「ハハハハ」と笑っていた。

 大谷は今季二塁打11本目、長打15本はともにメジャートップ。味方の犠飛で一時同点のホームを踏んだが、6回に4番手右腕ブレイシアが勝ち越し3ランを許し、2-5とリードを許した。それでも6回にフリーマンの中前2点適時打で4-5とした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集