[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「世界一のパンチャー」 秒殺KOをWBSS代表も大絶賛「彼の両腕は爆弾」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。衝撃の1回70秒KOで勝利を収め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。最強王者決定戦のプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は手放しで絶賛している。

ザワーランド氏が井上を絶賛した【写真:荒川祐史】
ザワーランド氏が井上を絶賛した【写真:荒川祐史】

WBSSプロモーター・ザワーランド氏が「世界一のパンチャー」と認定

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。衝撃の1回70秒KOで勝利を収め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。最強王者決定戦のプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は手放しで絶賛している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 試合時間はわずか70秒。難敵パヤノをたった一度のワンツーでノックアウトした井上。WBSSシーズン2初戦で名刺代わりのモンスターぶりを見せつけたモンスターに、大物プロデューサーは驚嘆するしかなかった。

「この男は本当のモンスターだ。彼の両手は爆弾だ。その爆弾は炸裂し、ソーシャルメディアは爆発している。凄まじいパフォーマスだ。ボクシング界に衝撃波を放っている。この男の対戦相手はパヤノだ。元王者でその辺の道端にいる相手ではないんだ」

 試合後の会見でザワーランド氏は興奮を隠し切れなかった。五輪出場2度の難敵相手に演じた秒殺劇の衝撃は、120か国で中継され、SNS上でも「The Monster」と「Naoya Inoue」の名前が世界中で飛び交った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集