[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

183億円強打者が不名誉な記録 規定打席歴代ワーストの打率「.168」でシーズン終える

米大リーグで歴史に残る記録が生まれた。しかし良い記録ではなく、不名誉な記録だ。オリオールズはシーズンを終了。46勝115敗、勝率.286でア・リーグ東地区で断トツの最下位に沈んだが、低迷を代表をするのが、本塁打王2度のクリス・デービス内野手の不振だ。2016年に7年1億6100万ドル(約183億円)の大型契約を結んだ大砲が、今季は打率.168で終わった。これは規定打席到達者の中で、MLB史上ワーストの数字となってしまった。米ヤフースポーツが伝えている。

MLB史上ワーストとなる打率でシーズンを終えたクリス・デービス【写真:Getty Images】
MLB史上ワーストとなる打率でシーズンを終えたクリス・デービス【写真:Getty Images】

2016年に7年183億円の超大型契約を結ぶも…

 米大リーグで歴史に残る記録が生まれた。しかし、良いものではなく、不名誉な記録だ。オリオールズはシーズンを終了。46勝115敗、勝率.286でア・リーグ東地区で断トツの最下位に沈んだが、低迷を代表をするのが、本塁打王2度のクリス・デービス内野手の不振だ。2016年に7年1億6100万ドル(約183億円)の大型契約を結んだ大砲が、今季は打率.168で終わった。これは規定打席到達者の中で、MLB史上ワーストの数字となった。米ヤフースポーツが伝えている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「オリオールズの1億6100万ドル男は、MLB史上ワーストとなる打率でシーズン終了」

 こう伝えているのは米ヤフースポーツだった。記事では「オリオールズにとって今季のクリス・デービスから得るものはなにもなかった。かつては強打者として知られ、オリオールズと2016年シーズン前に1億6100万ドルの契約を結んだ彼は、シーズン最後の3試合を欠場した」と辛辣だった。

 2013年に53本塁打、15年にも47本塁打で2度本塁打王に輝いたMLB屈指のスラッガー。16年シーズン前に超大型契約を結ぶも、今季は開幕から低迷。まさかの低打率に終わってしまった。

「怪我などではなく、これ以上デービスが苦しむ姿を見ることに意味はないという判断であった。32歳のデービスはシーズン終盤戦を37打数1安打のスランプで終了しただけでなく、規定打席に到達した打者としてはMLB史上最悪の打率でシーズンを終えることになった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集