[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セリーナ暴言、ラモス主審は「厳格だが公正」 関係者証言「選手を公平に扱っている」

セリーナ暴言、ラモス主審は「厳格だが公正」 関係者証言「選手を公平に扱っている」

テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝戦の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張した。現地のファンからはブーイングを浴びるなど批判の集まったポルトガル人審判だが、関係者は「厳格だが、公正だ」という人間性を評価。ラモス氏への擁護の声が高まっている。

カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】
カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】

セリーナから暴言浴びたラモス主審、関係者から続々好意的な証言と米紙特集

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などした後、記者会見で性差別を主張した。現地ファンからはブーイングを浴びるなど批判の集まったポルトガル人審判だが、関係者は「厳格だが、公正だ」という人間性を評価していると米メディアが紹介。ラモス氏への擁護の声が高まっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「カルロス・ラモス、セリーナ・ウィリアムズの決勝のアンパイアは厳格だが、フェアと評判だ」と特集したのは米紙「USAトゥデー」だった。

 全米オープンでセリーナに「盗人」呼ばわりされるなど、再三の暴言を浴びたラモス主審。適切なペナルティを下したのだが、試合中はセリーナ贔屓のファンからブーイングを浴び、試合後も波紋が広がっていた。

 だが、本当にラモス主審に過ちはあったのか。ここにきて47歳のポルトガル人主審を擁護する声が高まりを見せているようだ。

「カルロスは厳格だが、フェアだという最高の評判を持つアンパイアだ。私の言うフェアとはアンパイアとしてプレッシャーに打ち勝てることを意味している。彼は選手を公平に扱っている。予選から勝ち上がった選手だろうが、第1シードだろうが、チャンピオンだろうが、グランドスラム初出場の選手だろうが、だ」

 記事によると、ITF(国際テニス連盟)の審判部長をかつて務めたマイケル・モリッシー氏はこう語った。ラモス氏は公平さという主審に必要不可欠な能力のみならず、複数の言語を操るコミュニケーション能力、そして、プレッシャーに動じない精神力を兼ね備えているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー