[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • C.ロナウド、“打ち損ない”のち笑顔 伊メディア好意的「現時点はこれも良い感じ」

C.ロナウド、“打ち損ない”のち笑顔 伊メディア好意的「現時点はこれも良い感じ」

海外サッカーのイタリア1部セリエAのユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは25日(日本時間26日)に行われた本拠地ラツィオ戦に出場。地元イタリアメディアは「衝撃的なミスも、リプレーを見れば許される」「仲間と歓喜する表情を見ると、現時点ではこれも良い感じ」と好意的に捉えている。

本拠地ラツィオ戦に出場したクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
本拠地ラツィオ戦に出場したクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

軸足に当たったボールがアシストに「衝撃的なミスも、リプレーを見れば許される」

 海外サッカーのイタリア1部セリエAのユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは25日(日本時間26日)に行われた本拠地ラツィオ戦に出場。移籍後初得点こそならなかったが、ゴール前の決定機の打ち損ないがアシストにつながり、2-0の勝利に貢献した。地元イタリアメディアは「衝撃的なミスも、リプレーを見れば許される」「仲間と歓喜する表情を見ると、現時点ではこれも良い感じ」と好意的に捉えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 ロナウドがゴール前にいれば、何かが起こる。1-0で迎えた後半30分だった。

 右サイドを突破した味方からグラウンダーのクロスが送られる。ロナウドはフリーで蹴り込むだけだったが、直前で相手GKが触れ、コースが変わった。これに反応しきれず、ミートできなかったボールは軸足にあたって浮き上がり、後ろから詰めていたFWマンジュキッチに絶妙なアシストする形となった。

 これを背番号17が豪快に蹴り込み、ダメ押し点に。ユベントスのクラブ公式インスタグラムでチームメートと歓喜の抱擁を交わす1枚を公開し、すっかりチームに溶け込んでいることを紹介。ゴールこそならなかったが、CR7の躍動を衛星放送「スカイスポーツ・イタリア」も特集している。

「ピアニッチで始まりマンジュキッチで終わった。しかし、これらのゴールもユベントスのユニフォームを着たCR7が決めてくれた可能性も常にあったのだ」とゴールを決めた2人の陰でロナウドをクローズアップしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー