[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • フェデラー×ワウリンカ、息をのむ“32秒ラリー”にファン喝采 「毎日見てもいい」

フェデラー×ワウリンカ、息をのむ“32秒ラリー”にファン喝采 「毎日見てもいい」

テニスのW&Sオープンは17日(日本時間18日)、男子シングルス準々決勝が行われ、4強が出そろった。中でも白熱したのは世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と元世界3位のスタン・ワウリンカ(同)の一戦だ。フェデラーが6-7、7-6、6-2で逆転勝ちし、2015年以来の4強入りを果たした。第2セットのタイブレーク中には圧巻の32秒間、計25本のラリーの応酬の末に、フェデラーがポイントを挙げた。このシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開。見事なラリーがファンの喝采を浴びている。

スタン・ワウリンカとロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
スタン・ワウリンカとロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

フェデラーとワウリンカの一戦での迫力のラリーの応酬が話題

 テニスのW&Sオープンは17日(日本時間18日)、男子シングルス準々決勝が行われ、4強が出そろった。中でも白熱したのは世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と元世界3位のスタン・ワウリンカ(同)の一戦だ。フェデラーが6-7、7-6、6-2で逆転勝ちし、2015年以来の4強入りを果たした。第2セットのタイブレーク中には圧巻の32秒間、計25本のラリーの応酬の末にフェデラーがポイントを挙げた。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画で公開。見事なラリーがファンの喝采を浴びている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 王者の誇りと、復活を期するワウリンカの意地が激突。実に見応えのあるラリーが繰り広げられた。第1セットをタイブレークの末に落としたフェデラー。第2セットも両者譲らず、再びタイブレークに突入。5-4とフェデラーが1ポイントリードした場面だった。

 フェデラーのサービスをバックハンドで返すワウリンカ。その後はバックハンドでの両者一歩も譲らないストローク合戦が続く。フェデラーは左右に振るが、ワウリンカも懸命に食らいつく。10、15、20とラリーの本数は増えていく。強打だけでなく、強烈な回転をかけたスライスも交えるなど、多才な攻撃を見せるが、なかなか崩しきれない。

 それでも最後はフェデラーの底力が上回った。25本目。フォアで強烈なクロスを打つと、ワウリンカのリターンはネットにかかった。ポイントはフェデラーへ。32秒間の濃密なラリーの応酬に、スタンドからは大きな声援。ガッツポーズで声援に応えるフェデラー。一方のワウリンカは目を閉じ、天を仰いだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー