[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ヤングなでしこ、敗れた相手を気遣うシーンが「美しい」 決定的瞬間の1枚に海外感動

ヤングなでしこ、敗れた相手を気遣うシーンが「美しい」 決定的瞬間の1枚に海外感動

女子サッカーのU-20ワールドカップ(W杯)フランス大会は17日、準々決勝を行い、日本代表はドイツ代表に3-1で勝利した。2大会連続での4強入りを決めたヤングなでしこ。試合終了直後に敗戦のショックのあまり、起き上がれないドイツ選手を労う、FW児野楓香(日体大)の姿が“美しい”と話題を集めている。W杯公式インスタグラムがその瞬間の画像を公開している。

試合後に顔を手で覆うソフィア・クラインヘルネ【写真:Getty Images】
試合後に顔を手で覆うソフィア・クラインヘルネ【写真:Getty Images】

ドイツに勝利した直後のヤングなでしこFW児野の行動に拍手喝采

 女子サッカーのU-20ワールドカップ(W杯)フランス大会は17日、準々決勝を行い、日本代表はドイツ代表に3-1で勝利した。2大会連続での4強入りを決めたヤングなでしこ。試合終了直後に敗戦のショックのあまり、起き上がれないドイツ選手を労う、FW児野楓香(日体大)の姿が“美しい”と話題を集めている。W杯公式インスタグラムがその瞬間の画像を公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ドイツを相手に3度ゴールを揺らし、頂点まであと2勝に迫ったヤングなでしこ。その強さと同時に称賛を集めているのが、試合直後のあるシーンだった。

 敗戦のショックのあまり、ピッチに倒れこんだドイツのソフィア・クラインヘルネに歩み寄ったのはFW児野だった。傍らに座り込むと、何事か声をかけている。うなだれていたクラインヘルネも上半身を起こし、笑みを浮かべている。そして、右手でがっちりと握手。試合が終われば、サッカーを愛する者同士。これぞ美しきスポーツマンシップのあるべき姿だった。

 若きなでしこが相手を気遣うシーンに、W杯公式もフォーカス。「これぞ我らの愛するフットボール!」とつづり、握手を交わす瞬間の1枚を公開すると、世界のファンも拍手を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー