[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 次世代NO1候補、超速“185キロ”フォアハンドウイナーに海外驚愕 「信じられない」

次世代NO1候補、超速“185キロ”フォアハンドウイナーに海外驚愕 「信じられない」

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ)は7日、シングルス1回戦が行われ、元世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス)が世界ランク17位のシードのニック・キリオス(オーストラリア)を2-1で破り、初戦突破を果たした。話題を呼んでいるのは、キリオスの“超速フォアハンド”だ。片手で185キロを記録した強烈なウイナーをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開。ファンの度肝を抜いている。

185キロの強烈なフォアハンドを見せたニック・キリオス【写真:Getty Images】
185キロの強烈なフォアハンドを見せたニック・キリオス【写真:Getty Images】

キリオスがワウリンカ戦で185キロのウイナー決める

 男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ)は7日、シングルス1回戦が行われ、元世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス)が世界ランク17位のシードのニック・キリオス(オーストラリア)を2-1で破り、初戦突破を果たした。話題を呼んでいるのは、キリオスの“超速フォアハンド”だ。片手で185キロを記録した強烈なウイナーをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開。ファンの度肝を抜いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 キリオスがその強烈なパワーをいかんなく発揮した。ワウリンカのサーブをバックハンドで返すキリオス。フォアで応戦するワウリンカ。衝撃が走ったのは次の一振りだった。

 右のフォアでのクロスは相手のコートに突き刺さったが、球速はなんと185キロを計測したのだ。一般的にフォアでのウイナーはプロの速い選手でも160~170キロと言われており、このスピードは圧倒的だ。

 パワーを武器とするキリオスならではの超速フォアハンド。「テニスTV」は公式インスタグラムで「185kph フォアハンド」とつづり、動画を公開。ファンを驚愕させている。

「これはおかしい」
「どうやったら、こんな事が可能なの?」
「銃弾のような速さだな」
「これは不可能でしょ?」
「信じられない」
「なんてショットだ!」
「稲妻のようだな」
「これは反則でしょ」

 フルセットの末、ワウリンカに屈し1回戦で姿を消すこととなったキリオスだが、残したインパクトは絶大だった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー