[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子も金取る! 桃田の勢いに乗ったソノカム「女子には負けられない」

3種目で決勝進出、男女を超えた切削琢磨がメダルラッシュの背景に

 今大会は、日本代表が驚異的なペースで勝ち上がっている。同日行われた女子ダブルスでは、準決勝に3組登場し、決勝は日本勢同士で争うことが決まった。つまり、日本勢の金メダル獲得が決まった。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 さらに続いて男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が男子で初の決勝進出を決めていた。その後で試合を行ったため、嘉村は「(国際大会で強さが目立っている日本の)女子には負けられないと、ずっと言っている。桃田が先に勝ってくれて、自分たちも勢いに乗ることができた。すごく感謝している」とチームメイトに謝意を示した。

 女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は準決勝で敗れたが、銅メダルを獲得。日本勢は、6個のメダルが確定しており、3種目で決勝に進出した。男女の違いを超えた日本代表の切磋琢磨が、驚異のメダルラッシュの背景にある。翌5日は、最終日。1つは確定しているが、複数の金メダルを狙う。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集