[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は「沢山のことをやってのけた」 ベーブ・ルース以来98年ぶり快挙を米絶賛

大谷翔平は「沢山のことをやってのけた」 ベーブ・ルース以来98年ぶり快挙を米絶賛

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)の敵地インディアンス戦に「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。初回の第1打席に先制10号2ラン、3回の第2打席に特大の11号ソロを放つなど、自身初の1試合2発を記録した。5打数4安打3打点1盗塁と大爆発し、チームの勝利に貢献。米メディアは2ケタ本塁打&投手としての複数勝利を同一シーズンに達成するのは、1921年のベーブ・ルース以来97年ぶりの快挙と伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

2発含む4安打3打点1盗塁に「沢山のことをやってのけた」と米メディア

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)の敵地インディアンス戦に「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。初回の第1打席に先制10号2ラン、3回の第2打席に特大の11号ソロを放つなど、自身初の1試合2発を記録した。5打数4安打3打点1盗塁と大爆発し、チームの勝利に貢献。米メディアは2ケタ本塁打&投手としての複数勝利を同一シーズンに達成するのは、1921年のベーブ・ルース以来97年ぶりの快挙と伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 メジャー初の3番に座った大谷のバットが快音を連発した。初回にインディアンスの先発右腕クレビンジャーから左翼方向へ先制10号2ランを放つと、この日最大のハイライトは3回1死の第2打席。真ん中付近の94マイル(約151キロ)を完璧に振り抜いた。

 打球は打った瞬間、それとわかる軌道を描き右中間席の中段まで到達。2打席連続となる一発は、11号同点ソロアーチ。背番号17は悠々とダイヤモンドを一周した。

 2発含む4安打3打点を記録した大谷の活躍ぶりを、米メディア「スポーティング・ニュース」は「沢山のことを金曜日にやってのけた」と伝えている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー