[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 桃田賢斗ヒヤリ「負け試合を拾った」 V候補が3回戦で思わぬ大苦戦

桃田賢斗ヒヤリ「負け試合を拾った」 V候補が3回戦で思わぬ大苦戦

冷や汗が流れた。バドミントンの世界選手権は2日に第4日を行い、桃田賢斗(NTT東日本)は男子シングルス3回戦でデンマークの選手を下して、ベスト8入りを決めた。勝つには勝ったが、危うい試合だった。桃田は「自分も少し負けを覚悟した。今日は、1回、負けゲームを拾ったという気持ちで、明日からはもっと死に物狂いで頑張りたい」と苦戦を認めつつ、次戦での修正に気持ちを切り替えていた。翌3日の準々決勝を勝てば、メダルの獲得が決まる。

3回戦で思わぬ大苦戦を強いられた桃田賢斗【写真:大会公式サイト】
3回戦で思わぬ大苦戦を強いられた桃田賢斗【写真:大会公式サイト】

デンマーク選手に冷や汗の8強「明日からはもっと死に物狂いで」

 冷や汗が流れた。バドミントンの世界選手権は2日に第4日を行い、桃田賢斗(NTT東日本)は男子シングルス3回戦でデンマークの選手を下して、ベスト8入りを決めた。勝つには勝ったが、危うい試合だった。桃田は「自分も少し負けを覚悟した。今日は、1回、負けゲームを拾ったという気持ちで、明日からはもっと死に物狂いで頑張りたい」と苦戦を認めつつ、次戦での修正に気持ちを切り替えていた。翌3日の準々決勝を勝てば、メダルの獲得が決まる。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 第1ゲーム、いきなり0-6と相手に大量リードを許した。そのまま点差を詰めることができずに13-21で落とした。これまでの試合でも第1ゲームを取られることはあり、そのこと自体に焦りはなかったというが、第2ゲームもなかなかエンジンがかからなかった。ラリーは守備的で相手のミスを待つような展開が多く、自ら攻撃して点を取るようになったのは、第2ゲームの後半からだった。

 桃田は「シャトルをコントロールしようと思ってラリーをし過ぎた結果、後手後手になってしまった。途中から、後ろの球に対する自分の入りが少しずつ早くなってきて、対応できるようになって、相手は攻撃するチャンスが少なくなって、自分が勝てたのかなと思いました」と振り返った。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー