[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「エンゼルスは今夜、醜い試合をした」 守乱&投壊で米番記者が嘆き「間違いを幅広く犯した」

米大リーグ・エンゼルスは10日(日本時間11日)、本拠地ナショナルズ戦に4-6で敗れた。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は3打数無安打1四球。2三振を喫し、連続試合安打は4でストップした。チームは投手陣が踏ん張り切れず連夜の逆転負け。守備でも7回に手痛いミスで相手に追加点を献上するなどという内容で、米記者からは「エンゼルスは今夜、醜い試合をした」と厳しい指摘を受けた。

エンゼルスのブランドン・ドルーリー【写真:Getty Images】
エンゼルスのブランドン・ドルーリー【写真:Getty Images】

エンゼルスは連夜の逆転負け

 米大リーグ・エンゼルスは10日(日本時間11日)、本拠地ナショナルズ戦に4-6で敗れた。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は3打数無安打1四球。2三振を喫し、連続試合安打は4でストップした。チームは投手陣が踏ん張り切れず連夜の逆転負け。守備でも7回に手痛いミスで相手に追加点を献上するなどという内容で、米記者からは「エンゼルスは今夜、醜い試合をした」と厳しい指摘を受けた。

【特集】歴史に名を刻んだ思い出の世界体操 元女子エースが語る新技誕生物語 / 体操・杉原愛子さんインタビュー(GROWINGへ)

 またも白星がこぼれ落ちた。レンフローの3号ソロなどで3回までに4-1とリードしながら、先発のスアレスが4回に追いつかれる展開。2番手のデービッドソンも打たれて逆転を許した。攻撃陣は4回以降無安打に封じられ、守備でも7回、併殺崩れの間に本塁を狙った二塁走者に一塁手ドル―リーが気づかず、追加点を奪われた。6-0でリードしながら敗れた前夜同様、逆転負けを喫した。

 カリフォルニア地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は自身のツイッターに「エンゼルスは今夜、醜い試合をした」とつづり、自身が執筆した記事も添付。「エンゼルスのホセ・スアレスは2試合続けて貧相なパフォーマンスで序盤のリードを浪費する」という見出しがつけられていた。

 記事では「エンゼルスは4-6でナショナルズに敗れた月曜夜の試合で、間違ったことを幅広くいろいろと犯した」と総括。「左腕スアレスは制球が安定せず、ナショナルズに10安打を許して開幕から2戦続けて荒れた先発となった」と先発スアレスの乱調を指摘。「エンゼルスの攻撃陣はいくつか強い打球を飛ばしたものの、最後の6イニングは無安打に終わった」「そしてエンゼルスの守備はナショナルズの得点のうち4点に直接貢献した。そのうち2つは同点にするもので、2つはリードを与えるものだった」と低調だった攻守に言及した。

 同紙では「2つのミスを犯した」としたドル―リーの談話も紹介。「総じてだらしない試合だった」「私たちは間違いなくもっと良くならないといけない」と語ったという。さらにデータでも注目し「エンゼルスは5勝5敗よりもいい成績であるべきだ。彼らは10試合中9試合で途中リードしていた。彼らは8試合で複数点差のリードを持っていた」とリードが守れていない現状を指摘している。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集