[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“超低弾道ダブル”は「19度」 指揮官も脱帽「あれは、まさに弾丸だ」

大谷翔平、“超低弾道ダブル”は「19度」 指揮官も脱帽「あれは、まさに弾丸だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地マリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第5打席でホームランまであとわずかという自己最速182キロのフェンス直撃二塁打を放った。地を這うような“超低弾道ダブル”は角度19度とMLBの公式データ解析システム「スタットキャスト」が紹介。指揮官も「フェンスに穴を開けるかのような一打だった、あれはまさに弾丸だ」と脱帽している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

発射角度19度と紹介、ソーシア監督も驚き「フェンスに穴を開けるかのような一打」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地マリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第5打席でホームランまであとわずかという自己最速182キロのフェンス直撃二塁打を放った。地を這うような“超低弾道ダブル”は角度19度とMLBの公式データ解析システム「スタットキャスト」が紹介。指揮官も「フェンスに穴を開けるかのような一打だった、あれはまさに弾丸だ」と脱帽している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷の規格外のパワーはこの日、「打球角度」に表れていた。11-5で迎えた8回2死走者なしの第5打席だった。

 カウント1-1から3球目の96マイル(約154キロ)の甘く入ってきた速球を完璧に捉えた。一、二塁手のすぐ頭上を飛んだかのようだライナーは、凄まじい軌道を描いた。少しも失速することなく、ぐんぐん伸び、そのまま右翼フェンスに直撃。それもあとわずかでホームランという打球となった。

「MLB.com」でエンゼルスを担当するマリア・グアルダード記者は「打球速度は113.2マイル、大谷のキャリアで最速の一打」と自身最速の113.2マイル(約182.1キロ)だったとツイートしたが、それ以上にインパクトがあったのは発射角度だ。「スタットキャスト」によると、飛距離372フィート(約113メートル)の打球は、わずか「19度」だったという。

 通常、ホームランは30度前後が標準的で、446フィート(約136メートル)飛ばした9号アーチは33度あった。それだけに19度の角度で、かっ飛ばしたあとわずかで本塁打の打球は、大谷のパワーならでは。MLB公式サイトによると、ソーシア監督も「フェンスに穴を開けるかのような一打だった、あれはまさに弾丸だ」と唸ったという。

 本塁打ならずとも話題を振りまいている二刀流の怪物。バットから放たれる打球は、目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー