[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ回ったのか… 強肩中堅手の“158kmゲームセット送球”に同情「可哀想な走者だ」

なぜ回ったのか… 強肩中堅手の“158kmゲームセット送球”に同情「可哀想な走者だ」

米大リーグで中堅手から98.7マイル(約158キロ)のバックホームが炸裂し、本塁タッチアウトでゲームセットにするビッグプレーが発生。圧巻の1球をMLB解析システム「スタットキャスト」が動画付きで公開すると、「98マイル、なんてことだ!」「なんとも可哀想なランナーだ」と米ファンは度肝を抜かれている。

強肩に定評のあるヤンキースのヒックス【写真:Getty Images】
強肩に定評のあるヤンキースのヒックス【写真:Getty Images】

ヤンキース中堅手ヒックスの圧巻バックホーム炸裂「98マイル、なんてことだ!」

 米大リーグで中堅手から98.7マイル(約158キロ)のバックホームが炸裂し、本塁タッチアウトでゲームセットにするビッグプレーが発生。圧巻の1球をMLB解析システム「スタットキャスト」が動画付きで公開すると、「98マイル、なんてことだ!」「なんとも可哀想なランナーだ」と米ファンは度肝を抜かれている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 野手にして160キロに迫る剛速球。圧巻のバックホームを演じたのは、ヤンキースのアーロン・ヒックス外野手だ。

 26日(日本時間27日)のロイヤルズ戦。7-2とリードして迎えた9回2死一、二塁の場面だった。メリーフィールドが低めのボールにバットを合わせ、緩いライナー性の打球を中堅右に運んだ。素早くチャージしてボールを捕球したのが、中堅手のヒックスだ。すると、二塁走者ゴードンはビハインドの9回2死にも関わらず、果敢に三塁を蹴って本塁へ突っ込んだ。

 すかさず、右腕を振ったヒックス。放たれた矢のような低い弾道の送球はツーバウンドで捕手のミットへ。頭から突っ込んできたゴードンを間一髪でアウトにしてみせた。美しい幕切れに一気に盛り上がるスタジアム。アウトになってしまったゴードンは中堅方向に視線を送り、悔しげな表情でベンチに引き揚げていった。

「スタットキャスト」は「試合終盤を盛り上げようとする? ヒックスがセンターを守っている時は控えなきゃ! この98.7マイルのバックホームでヤンキースはロイヤルズに勝利を収めた」とつづり、公式ツイッターに動画付きで公開。無謀に突っ込んだゴードンの走塁に疑問を呈しながら、バックホームが98.7マイル(約158キロ)だったことを紹介している。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー