[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 温存登板で… 控え捕手がまさかの“無回転ナックル” 米ファン衝撃「これは厄介だ」

温存登板で… 控え捕手がまさかの“無回転ナックル” 米ファン衝撃「これは厄介だ」

米大リーグで大差をつけられ、投手温存のために登板した控え捕手がナックルを投じ、見事な無回転で見逃しストライクを奪取。投手顔負けの“魔球”が炸裂した瞬間をMLBが「彼は97%の確率で投手になれると思う」と題して動画付きで公開し、米ファンに「多くの投手より良い」「これは厄介だ」「衝撃を受けた」と話題を呼んでいる。

ブルワーズのエリック・クラッツ【写真:Getty Images】
ブルワーズのエリック・クラッツ【写真:Getty Images】

ブルワーズ38歳クラッツが圧巻の“魔球”披露、MLB驚き「彼は97%の確率で投手になれる」

 米大リーグで大差をつけられ、投手温存のために登板した控え捕手がナックルを投じ、見事な無回転で見逃しストライクを奪取。投手顔負けの“魔球”が炸裂した瞬間をMLBが「彼は97%の確率で投手になれると思う」と題して動画付きで公開し、米ファンに「多くの投手より良い」「これは厄介だ」「衝撃を受けた」と話題を呼んでいる。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 これが、本当に捕手なのだろうか。目を疑う1球を投じ、話題を呼んでいるのはブルワーズのエリック・クラッツだった。22日(日本時間23日)のドジャース戦、2-11と大差をつけられた9回。敗色濃厚となった場面で、マウンドに送り出されたのが、38歳のベテラン捕手だ。

 そして、仰天を呼んだのは1死一塁のカウント1-1の場面だ。思い切り腕を振って投げた1球は、緩い変化球。しかし、球はブレるような不思議な軌道を描き、捕手のミットへ。ナックルだ。打者のバーンズもド真ん中に決まった球に手を出せず、見逃しストライクとなった。

 MLBは公式ツイッターに「エリック・クラッツは捕手だが、我々は彼が97%の確率で投手になれると思う」と驚きをもって動画付きで公開。映像を観てみると、クラッツが投じた球はスローモーションで撮られ、ほぼ無回転で捕手のミットに到達していることが見て取れる。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー