[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、これがボールなのか… “衝撃の誤審”に米騒然「これが歴史上最悪の判定だ」

なぜ、これがボールなのか… “衝撃の誤審”に米騒然「これが歴史上最悪の判定だ」

米大リーグではリプレー検証が導入され、判定に対する見方は年々厳しくなっているが、メキシカンリーグで飛び出した判定が「史上最悪」と話題を呼んでいる。打者が豪快に空振りしたが、主審はストライクをコールせず。リクエストされた一塁塁審もノースイングの判定を下した。前代未聞のシーンの決定的瞬間を海外メディアが公開し、「これが野球の歴史における最悪の判定だ」と波紋を呼んでいる。

メキシカンリーグでの前代未聞の判定が話題に【写真:Getty Images】
メキシカンリーグでの前代未聞の判定が話題に【写真:Getty Images】

豪快な空振りがボール判定に…米メディア断罪「審判が意識を失っていたかのよう」

 米大リーグではリプレー検証が導入され、判定に対する見方は年々厳しくなっているが、メキシカンリーグで飛び出した判定が「史上最悪」と話題を呼んでいる。打者が豪快に空振りしたが、主審はストライクをコールせず。リクエストされた一塁塁審もノースイングの判定を下した。前代未聞のシーンの決定的瞬間を海外メディアが公開し、「これが野球の歴史における最悪の判定だ」と波紋を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 見る者すべての目が点になった。前代未聞の判定が生まれたのは、17日のメキシコ―ラグーナの一戦だった。

 初回無死の場面、カウント0-1からマウンドの右腕が真ん中高めに放った速球に対し、打席の右打者は豪快に振り切ったが、敢えなくバットは空を切った。カウント0-2。中継の画面表示も早々にストライクをカウントした。しかし、捕手の様子が何かおかしい。返球しようとして立ち上がったが、急に振り返って主審の方を向いた。なんとストライクがコールされていなかったのだ。

 当然、捕手は「振っていた」と打者のバットを指さしてアピール。しかし、主審は認めず、一塁塁審にリクエストを要求した。すると、今度は一塁塁審が迷うことなく両手を横に広げ、ノースイングと判定してしまった。画面表示は「1-1」と訂正されたが、守備陣は納得がいかない。投手がマウンドを降りて確認に歩み寄り、ベンチから監督も飛び出して抗議したのだった。

 米デジタルマガジン「ルーティーンベースボール」ツイッターが動画付きで紹介。映像を観ると、フォロースルーで背中に当たるほどにバットを振り切っており、到底、ノースイングは考えられない。監督も身振り手振りでアピールしたが、主審は動じる様子もなく、最後まで判定を覆さなかった。動画は再生40万回を突破し、瞬く間に本場の米メディアに反響が拡大している。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー