[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リオ五輪で日本のお家芸復活なるか 男女マラソン躍進のカギは?

エース不在の男子、現実的な目標は…

 福士は13年世界陸上モスクワ大会で気温30度超の中、銅メダルに輝いた経験がある。大阪国際女子の後、「リオ決定だべ! リオで金メダルをとりたい」と即座に言った。3月17日に選出をうけて「私は金メダルが欲しい」と重ねた。実績に裏打ちされた福士の言葉は、決して大言壮語ではない。

 一方、絶対的なエースが不在の男子は、8位以内に食い込むのが現実目標だろう。

「メダルや入賞を狙える目安」となる2時間6分30秒の日本陸連設定記録を破った選手はゼロ。選考会で最もタイムが良かった佐々木も、2時間8分56秒だった。選考レースと違って五輪はペースメーカーがつかず、後半どのタイミングで海外勢がスパートをかけてくるか読みづらい。「後半の急激なペースアップに対応できる体づくりが1番の課題」と佐々木自身も理解している。

 男子は92年バルセロナ五輪銀メダルの森下広一、女子も04年アテネ五輪金メダルの野口みずき以来、ともに表彰台から遠ざかったままになっている。お家芸復活へ、大きな期待を背負って6人は4か月後のスタートラインに立つ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images
プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集