[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本の歴史的死闘をFIFA公式が称賛「イヌイのゴールはただただ素晴らしいもの」

日本の歴史的死闘をFIFA公式が称賛「イヌイのゴールはただただ素晴らしいもの」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。後半3分にカウンターからMF原口元気が決めて均衡を破ると、後半7分にはMF乾貴士がエリアの外から強烈なスーパーミドル弾を突き刺し追加点を挙げた。しかし後半24、29分に立て続けに失点し、追いつかれると、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。壮絶な逆転負けで、史上初の8強進出を逃したが、前評判を覆す日本の奮闘をFIFAも称えている。

乾貴士【写真:Getty Images】
乾貴士【写真:Getty Images】

FIFAがベルギーを追い詰めた日本の戦いぶりと、乾のスーパーミドル弾に拍手

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。後半3分にカウンターからMF原口元気が決めて均衡を破ると、後半7分にはMF乾貴士がエリアの外から強烈なスーパーミドル弾を突き刺し追加点を挙げた。しかし後半24、29分に立て続けに失点し、追いつかれると、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。壮絶な逆転負けで、史上初の8強進出を逃したが、前評判を覆す日本の奮闘をFIFAも称えている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本が奇跡まであと一歩に迫った。大多数の海外メディアがベルギーの勝利を予想する中での1戦。前半は圧倒的に守勢に回る時間が多かったが、何とか無失点で折り返すと、後半の立ち上がりは一転して日本ペースに。後半3分に原口のゴールで先制すると、その4分後だ。

 香川からエリアの外でパスを受けた乾は、ワンタッチ目でボールを右手前に置くと、狙いすまして右足を一閃。強烈な弾道の無回転弾をゴール右隅につきさした。名手ティボー・クルトワも触れない一撃。一度はリードを2点に広げるゴラッソだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー