[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ピケの痛恨ハンドに辛辣な声、地元メディア「決定的なミス」「頭の中はどうなって…」

ピケの痛恨ハンドに辛辣な声、地元メディア「決定的なミス」「頭の中はどうなって…」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦でスペインがロシアに1-1(PK3-4)で敗れ、16強でまさかの敗退を喫した。痛恨だったのは前半39分のDFジェラール・ピケがエリア内でハンドを犯し、PKを献上したシーン。スペイン紙「マルカ」がボールがはっきりと手に当たっている決定的瞬間の写真を公開し、サポーターの賛否両論を呼んでいたが、別のスペインメディアは、「重大なミス」と断罪している。

痛恨のPKを与えてしまったスペイン代表・ピケ【写真:Getty Images】
痛恨のPKを与えてしまったスペイン代表・ピケ【写真:Getty Images】

ハンドでPK献上のピケを、スペインメディアが断罪

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦でスペインがロシアに1-1(PK3-4)で敗れ、16強でまさかの敗退を喫した。痛恨だったのは前半39分のDFジェラール・ピケがエリア内でハンドを犯し、PKを献上したシーン。スペイン紙「マルカ」がボールがはっきりと手に当たっている決定的瞬間の写真を公開し、サポーターの賛否両論を呼んでいたが、別のスペインメディアは、「重大なミス」と断罪している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 痛恨の場面は1-0の前半39分だ。ロシアの右CKからのFWジュバのヘディングシュートに対して、DFピケがペナルティーエリア内でハンドの反則。ジュバに対してピケは背を向けているが、明らかにバレーのブロックのように左手を伸ばしており、ハンドを取られても仕方のない場面だろう。

 サポーターからはピケをかばう声も上がっていたが、スペインメディア「エル・エスパニョール」はこのシ―ンを振り返り、厳しい論調の記事を展開している。

「W杯後に引退を表明していたカタルーニャ出身の選手は幼いハンドを犯しPKを献上した。貧しいパフォーマンスと決定的なミスで大会を去る」

 “幼いハンド”と厳しく指摘しつつ、今大会のピケのパフォーマンスは、カルロス・プジョルとコンビを組んでいた時代と比較すると、低調だったと分析している。

「ピケは世界最高のセンターバックのレベルからは程遠いと言える、それでもディフェンス面で安心感と良いプレーを見せてきたが、今大会ではそれを見せる事はなかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー