[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 単独突破の日本は「B」 米放送局のアジア格付け、日本を上回った唯一の国は?

単独突破の日本は「B」 米放送局のアジア格付け、日本を上回った唯一の国は?

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。7月2日(日本時間3日)に決勝T1回戦でベルギーと初の8強進出をかけて激突する。日本がアジア勢としては唯一の16強進出。米放送局「FOXスポーツ」が「2018年ワールドカップのアジアチームを格付け」と題して、各国の採点記事を掲載している。

グループリーグを突破した日本代表【写真:Getty Images】
グループリーグを突破した日本代表【写真:Getty Images】

米放送局がアジアの5か国を評価

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。7月2日(日本時間3日)に決勝T1回戦でベルギーと初の8強進出をかけて激突する。日本がアジア勢としては唯一の16強進出。米放送局「FOXスポーツ」が「2018年ワールドカップのアジアチームを格付け」と題して、各国の採点記事を掲載している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「ワールドカップの第一ラウンドが終わり、次のラウンドが始まろうとしている。グループステージ後のロシアでのアジアチームをどう格付けできるだろうか」

 同局はアジアから出場した5チームについて評価をつけている。

 最終戦で初勝利を挙げるも1勝2敗のサウジアラビアは「C-」、C組で勝ち点1に終わったオーストラリアは「C」。F組の最終戦でドイツを相手に金星を挙げた韓国には「C+」をつけ、こう寸評している。

「最悪の瞬間も最高の瞬間もあった。スウェーデンとメキシコに対し2つの紙一重の敗北を喫したことは、アジアで最も成功したワールドカップチームの0点の悪夢の危機を意味していた。ディフェンディングチャンピオンのドイツに対する忘れられない栄光の勝利が全ての見方を変えた。これは大会屈指の活躍と結果であり、世界中で報じられた」

「しかし、それは最初の2戦を愚かなミスで無駄にしたことを強調するものでもあった。ドイツを破って突破することは神秘的だっただろう。実際に起こったものは、単なる特別なことだった」

 こう表現し、ドイツ相手の大金星も1次リーグ敗退という結果には大きく影響しなかったことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー