[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の心霊スポットがラリージャパンで思わぬ拡散 SNS「こんなに世界に広まるとは」

自動車の世界ラリー選手権(WRC)の今季最終第13戦、ラリー・ジャパンは13日まで愛知や岐阜で行われた。2位に入ったオィット・タナック(エストニア)は、レース中の画像付きで「アリガトウゴザイマス」と感謝。しかし、日本の心霊スポットだったようで、日本人ファンの間では「色味が何か怖い」と話題を集めている。

今季最終第13戦、2位に入ったオィット・タナック【写真:Getty Images】
今季最終第13戦、2位に入ったオィット・タナック【写真:Getty Images】

コースとなった旧伊勢神トンネルの様子とは

 自動車の世界ラリー選手権(WRC)の今季最終第13戦、ラリー・ジャパンは13日まで愛知や岐阜で行われた。2位に入ったオィット・タナック(エストニア)は、レース中の画像付きで「アリガトウゴザイマス」と感謝。しかし、日本の心霊スポットだったようで、日本人ファンの間では「色味が何か怖い」と話題を集めている。

 まさかの場所だった。タナックの車両がトンネルから出てくるシーン。幻想的といえば幻想的だが、薄暗さも相まって物々しくも写る場所だ。愛知・豊田市の伊勢神峠にある国道153号の旧伊勢神トンネル。今大会でも難所の一つとして注目されていた。しかし、実は日本で有名な心霊スポットとされている場所でもある。

 タナックは知ってか知らずか、SNSに画像付きで「ラリージャパンで2位」と投稿。アルファベットで「Arigato gozaimasu!」と記した。日本人ファンからは「そのトンネル、心霊スポットだそうです」「ドライバーも何かを感じ取ったのか!?」「伊勢神トンネルがこんなに世界に広まるなんて感慨深いw」「例のトンネル写真、色々な撮り方がありますね!」「…写真の色味がなんか怖い」と戦々恐々となった様子のコメントも寄せられ、思わぬ拡散の仕方をしたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集