[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外障害レースで超レア展開 鬼脚で直線ぶっこ抜き、英メディア「1/1000馬身差の勝利」

海外競馬の障害レースで珍しい“直線一気”が生まれた。ラスト1ハロンで平地のような鬼脚が炸裂し、大逆転勝ち。海外メディアは「6馬身差から999-1馬身差で勝利」「劇的に追い詰め、信じられない勝利」と報じ、驚きのレース映像が話題になっている。

英マーケットレーゼン競馬場の驚きのレース映像が話題(画像はイメージです)
英マーケットレーゼン競馬場の驚きのレース映像が話題(画像はイメージです)

英マーケットレーゼン競馬場の障害レースで驚きの結末

 海外競馬の障害レースで珍しい“直線一気”が生まれた。ラスト1ハロンで平地のような鬼脚が炸裂し、大逆転勝ち。海外メディアは「6馬身差から999-1馬身差で勝利」「劇的に追い詰め、信じられない勝利」と報じ、驚きのレース映像が話題になっている。

 平地と見間違うラスト1ハロンの大逆転だった。10日に英マーケットレーゼン競馬場で行われた芝4800メートルの障害レースは6頭立て。アイルランド調教馬のハリーデュベルレは終始4番手でレースを展開したが、最後の直線に入ってもポジションを上げられず、先頭と10馬身以上の差があった。直線1つ目の障害の飛越で前を行く馬がバランスを崩し、3番手に上がり、最後の障害も飛んでラスト1ハロンを切ったが、それでも6、7馬身の差はある。しかし、ここからギアが上がった。

 2番手の馬を抜くと、脚が上がってきた先頭のフォーズリースピリットに1完歩ごとにぐんぐん迫る。4馬身、3馬身と凄まじい勢いで差を縮めていく。そして、わずかにとらえたところでゴール板を通過。ハナ差だけ差し切ったのだ。

 障害レースは大差がつくことも珍しくなく、ゴール前の接戦になることはあるが、ここまで豪快な末脚で差し切ることは稀といえる。英専門誌「レーシングポスト」は「ラストで6馬身差つけられたが、999-1馬身差で勝利を奪った」と超僅差の勝利を報道した。

 記事では「ハリーデュベルレは、最後の直線でフォーズリースピリットをドラマチックに追い詰め、信じられない勝利を収めた」とゴール前の大逆転について伝えた。記事によると、管理するニック・ケント調教師は「最後の坂で息切れしてしまったと思ったが、そうではなかった。エネルギーが蘇ったんだ」と語っており、トレーナーも驚きを隠せない結末になったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集