[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打者も、実況も騙された“誤審”を米批判 「ワールドシリーズでこんなミスはダメ」

米大リーグのワールドシリーズ第6戦が5日(日本時間6日)、アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで行われている。2勝3敗と後がないフィリーズは初回にラッキーな“誤審”が生まれた。打者も見逃し三振と諦めた一球がボール判定に。米メディアが動画を公開すると、米ファンは「今すぐロボット審判を」を反応した。

フィリーズのカイル・シュワーバー【写真:Getty Images】
フィリーズのカイル・シュワーバー【写真:Getty Images】

ワールドシリーズで起きた珍事とは

 米大リーグのワールドシリーズ第6戦が5日(日本時間6日)、アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで行われている。2勝3敗と後がないフィリーズは初回にラッキーな“誤審”が生まれた。打者も見逃し三振と諦めた一球がボール判定に。米メディアが動画を公開すると、米ファンは「今すぐロボット審判を」と反応した。

 まさかの珍事だった。初回先頭打席に入ったのはカイル・シュワーバー。1ボール2ストライクから内角高めの一球に体がわずかに反応したが、スイングはできず。ストライクと思い込み、ベンチへ歩き出した。しかし、球審はボール判定。投手のフランバー・バルデスも悔しそうなリアクションを取った。その場の全員が騙されたことを、実況のジョー・デービス氏が驚きまじりに伝えた。

「1-2からカイル・シュワーバーが見逃した。オー、彼は三振だと思ってダグアウトに歩き出していました! みんな三振だと思っていました! 唯一、その人の意見が重要である人(球審)を除いては」

 解説のジョン・スモルツ氏も「ワオ」と笑いながら反応。一連の動画を米放送局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが「ストライク3だと思ってダグアウトに歩き始めた」と記して公開した。米ファンからは「ワールドシリーズの第6戦はもっといい審判じゃないと」「今すぐロボット審判を」「ロボット審判歓迎」「ワールドシリーズでこんなふうに判定ミスっちゃいけない」と批判的な声が相次いだ。

 この打席のシュワーバーは四球に。後続が倒れ、先制点とはならなかった。しかし、6回にシュワーバーが右越え先制ソロを放ち、1-0とリードした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集