[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本戦は「名誉かけた戦い」 ポーランド紙が“過去の教訓”強調「三度勝利なるか」

日本戦は「名誉かけた戦い」 ポーランド紙が“過去の教訓”強調「三度勝利なるか」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。母国メディアも「ポーランドは名誉をかけた戦いへ。三度(みたび)勝利なるか?」と特集している。

赤の広場で母国を応援するポーランドファン【写真:Getty Images】
赤の広場で母国を応援するポーランドファン【写真:Getty Images】

過去2度、連敗&敗退確定後に勝利、ポーランド紙は再現期待

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。母国メディアも「ポーランドは名誉をかけた戦いへ。三度(みたび)勝利なるか?」と特集している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 1勝もできずに母国に帰るわけにはいかない。ポーランドは“過去の教訓”を糧に日本に襲い掛かる。「ポーランドは名誉をかけた戦いへ。三度勝利なるか?」と特集しているのは、ポーランドのスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」だった。

 大会屈指のストライカーFWレバンドフスキを擁し、挑んだ今大会は初戦のセネガルに1-2でまさかの敗戦。第2戦のコロンビア戦も敗れて連敗を喫し、前評判に反する形でH組脱落1号となってしまった。

 記事では「日本との戦いは名誉をかけた戦いとなる。過去の大会ではそのような試合で代表は勝利している」と紹介。02年日韓大会、06年ドイツ大会はともに連敗で敗退確定後の第3戦に勝っていることを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー