[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBワールドシリーズで疑惑の目 アストロズ投手の不自然な“手こね仕草”の動画が拡散

米大リーグのワールドシリーズ第2戦は29日(日本時間30日)、本拠地のアストロズがフィリーズに5-1で雪辱。1勝1敗のタイとした。しかし、この試合でアストロズ投手のマウンド上で取った不自然な仕草に疑惑の目が向けられている。

マウンド上で見せた仕草に疑惑の目が向けられているアストロズのバルデス【写真:ロイター】
マウンド上で見せた仕草に疑惑の目が向けられているアストロズのバルデス【写真:ロイター】

アストロズ先発バルデスのマウンド上の仕草がネットで話題に

 米大リーグのワールドシリーズ第2戦は29日(日本時間30日)、本拠地のアストロズがフィリーズに5-1で雪辱。1勝1敗のタイとした。しかし、この試合でアストロズ投手のマウンド上で取った不自然な仕草に疑惑の目が向けられている。

 ネット上で話題になっているのはアストロズの先発フラムバー・バルデス投手だ。この日の登板中、グラブを外した右手の掌を左手の親指でこね、その後にボールに触れる仕草を繰り返した場面があった。この映像がネット上で拡散されたほか、5回終了後にマウンドを降りて審判の粘着物質検査を受ける際に右手の掌を何度もユニホームで拭くような仕草も同じく投稿されている。

 拡散されている動画に米メディアの関係者もツイッター上で反応。米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」などで活動するジャレッド・カラビス記者は「野球での不正はハイソックスやヒマワリの種と同じくらい一般的なもの。もうそれについて驚くことはない」と皮肉を込めて指摘した。

 また、アストロズに敗れたフィリーズの本拠地ペンシルバニア州の地元紙「フィラデルフィア・インクワイアラー」のロブ・トルノエ記者は、バルデスが5回にマウンドを降りる際の動画を自ら掲載。「バルデスが審判のチェックを受ける前に掌を拭き取っていたように見えると多くの意見がある。これはバルデスが5回を投げた後の映像だ」と暗に疑惑を訴えるような投稿を行った。

 なお、審判から確認を受けた際も不正を指摘されることなかった。バルデスは7回途中1失点の好投で勝ち投手となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集