[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PS大不振ジャッジの市場価値は「-15億円」と米分析 勝負弱さ露呈「10月の失望で…」

米大リーグで今季ア・リーグ新記録の62本塁打を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手はプレーオフは不発に終わった。特にリーグ優勝シリーズのアストロズ戦は16打数1安打の大ブレーキ。4連敗で散ったチームを盛り立てられなった。米メディアは今オフにフリーエージェント(FA)となる選手で、プレーオフで評価を高めた勝ち組と負け組の格付けを展開。「クラッチの対極」と勝負強さに疑問符の付いたジャッジは年俸総額15億円のマイナスと下された。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

米メディアが「FA組のプレーオフ勝ち組&負け組」を特集

 米大リーグで今季ア・リーグ新記録の62本塁打を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手はプレーオフは不発に終わった。特にリーグ優勝シリーズのアストロズ戦は16打数1安打の大ブレーキ。4連敗で散ったチームを盛り立てられなった。米メディアは今オフにフリーエージェント(FA)となる選手で、プレーオフで評価を高めた勝ち組と負け組の格付けを展開。「クラッチの対極」と勝負強さに疑問符の付いたジャッジは年俸総額15億円のマイナスと下された。

「MLBのFA選手で、このポストシーズンで市場価値を最も高めた選手と損ねた選手は誰なのか」というタイトルで格付け企画を行ったのは米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」。市場価値を損ねたFA選手の筆頭にジャッジが登場した。エンゼルスの大谷翔平投手とMVP争いを展開する歴史的な躍動を見せたスラッガーだが、アストロズ相手にプレーオフでは16打数1安打と沈黙。地元ヤンキースタジアムのファンからブーイングも飛び出すなど、批判も浴びた。

 記事では「聞いてほしい、それでもアーロン・ジャッジは大金を手にするだろう」とレギュラーシーズンに躍動したジャッジが今オフの契約でメガディールを手にすると分析しながらも、ポストシーズンを経て、市場価値は少なからぬダメージを受けたとみている。「もし彼がポストシーズン進出前に7年3億ドル(約442億円)級に値していたとするなら、またしてもとなる10月の失望の後、2億9000万ドル(約427億円)にまで下降するかもしれない」と指摘した。

 通算でもポストシーズンは44試合出場で、打率.211、13本塁打、25打点と苦しんでいる。記事では、年俸総額で1000万ドル(約15億円)下げる可能性があると分析。「彼はクラッチ(勝負強さ)の対極にいる」と大舞台における課題を指摘し、「レギュラーシーズンでのホームランを放つ能力でジャッジは究極的にリッチになるが、彼は明確にミスターオクトーバーの再来ではない」と評価した。

 ジャッジ同様に価値を下げたポストシーズン負け組のFA選手には、メッツのクリス・バシット投手、ブレーブスのダンスビー・スワンソン内野手、パドレスのウィル・マイヤー内野手、アストロズのトレイ・マンシーニ内野手の名前が挙がった。一方、大舞台での活躍で評価を高めた勝ち組にはかつてDeNAで活躍したアストロズのユーリ・グリエル内野手、ドジャースのトレイ・ターナー内野手、パドレスのピアース・ジョンソン投手、カージナルスのホセ・キンタナ投手が選ばれている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集