[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英G1で見られたまさかの進路取り 優勝馬より目立った3着馬に英衝撃「挨拶に行った」

22日に英中部サウスヨークシャー州のドンカスター競馬場で行われた海外競馬の英2歳G1フューチュリティトロフィー(芝直線1600メートル)を制した1番人気のオーギュストロダン(牡、A・オブライエン)。最後のディープインパクト産駒として評判に違わぬ強さを見せつけたが、その一方で当レースの3着馬にも注目が集まっている。英専門メディアが動画を公開すると、競馬ファンからは「騎手の奇妙な判断」「どれくらいタイムロスしたのか」といった反響が寄せられている。

オーギュストロダン【写真:Getty Images】
オーギュストロダン【写真:Getty Images】

英2歳G1フューチュリティトロフィー

 22日に英中部サウスヨークシャー州のドンカスター競馬場で行われた海外競馬の英2歳G1フューチュリティトロフィー(芝直線1600メートル)を制した1番人気のオーギュストロダン(牡、A・オブライエン)。最後のディープインパクト産駒として評判に違わぬ強さを見せつけたが、その一方で当レースの3着馬にも注目が集まっている。英専門メディアが動画を公開すると、競馬ファンからは「騎手の奇妙な判断」「どれくらいタイムロスしたのか」といった反響が寄せられている。

 目を疑うような走りだった。直線競馬でよく見られる、内と外に分かれての追い比べ。内のコースには5頭、外ラチ沿いに3頭が進路を取ったが、残り2ハロン(約400メートル)を切ったところで内から1頭、ホロウェイボーイが大きく外に斜行し、外ラチいっぱいで先頭に立っていたオーギュストロダンに豪快に並びかけにいった。

 しかし、不良馬場の中、ライアン・ムーア騎手の激励に応えたオーギュストロダンはこれを寄せ付けずに1着でゴール。ホロウェイボーイは最後に1頭にかわされて3着に終わった。

 英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターは正面からのレース動画を公開。「フューチュリティトロフィーでホロウェイボーイがオーギュストロダンに挨拶に行った!」との文言を添えた。ファンからは「騎手の奇妙な判断だ」「これのせいで2位逸したね」「ジョッキーはレイルサイドの方がグラウンドが良いと思ったのかな」「これでどれくらいのタイムロスしたんだろう」「まずい騎乗だ」「真っ直ぐ走ってたら勝てた可能性あった」といった反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集