[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平とトレードなら「1対6」 米メディアがド軍選手との交換予想「今がチャンス」

米大リーグのポストシーズンが盛り上がりを見せている中、米メディアは各チームにおける今オフのトレードを予想。シーズン終了前にエンゼルスと1年契約を結んだ大谷翔平投手も登場しているが、ドジャース6選手との交換を提案されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

「ブリーチャー・レポート」が今オフにおける各チームのトレードを予測

 米大リーグのポストシーズンが盛り上がりを見せている中、米メディアは各チームにおける今オフのトレードを予想。シーズン終了前にエンゼルスと1年契約を結んだ大谷翔平投手も登場しているが、ドジャース6選手との交換を提案されている。

 23年シーズン終了後にフリーエージェントとなる大谷。今季は8月のトレード期限までにも米国で移籍が噂され、今オフの動向にも注目が集まった。しかし、大谷が権利を有していた年俸調停を回避。年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約を結び、年俸550万ドル(約7億9600万円)から大幅昇給となっていた。

 それでもまだトレードに注目する米メディアもあるようだ。米スポーツメディア「ブリーチャー・レポート」は、「22年オフにおける各チーム1つのトレードを予測」と見出しを打った記事を掲載。著者のジョエル・ロイター記者は、今季FAとなるアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)やジャスティン・バーランダー投手(アストロズ)などの名前を挙げている。

 その上で「(今季FAの)トップ層の選手たちの獲得を逃した場合、トレード市場は活発化するだろう。ショウヘイ・オオタニやラファエル・ディバース、コービン・バーンズらがトップ候補になってくる」と予測。「もしエンゼルスが契約延長を考えていないなら、今が彼(大谷)を動かすチャンスなのだ」とも説明した。

 記事では大谷がトレードされる場合、相手はドジャースだと予想。「コーディ・ベリンジャーをノーテンダーにし、ジャスティン・ターナーのオプションを放棄した場合、3700万ドル(約56億円)の節約となる。もしドジャースが興味を持つなら、オオタニをリストに追加するのはなんら問題がない」としている。交換選手には20年開幕投手のダスティン・メイに加え、マイナーでプレーする若手5名の有望株の名前を挙げた。

 実現可否はさておき、大谷1人で6人もの選手が交換相手に必須とされるほど、米国での価値は高まっているようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集