[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラフト“外れ1位”はハズレじゃない ヤクルト村上、巨人坂本ら大当たりも数知れず

2022年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が20日、都内のホテルで行われた。1位指名する選手を事前に公表していたのは9球団。その全てが異なる選手という異例のドラフトだったが、それでも2選手に競合指名が入った。くじ引きの結果、高松商高・浅野翔吾外野手は巨人が、立大・荘司康誠投手は楽天が交渉権を獲得。今年も“外れ1位”となった選手が2人出たが、過去を遡ると逃した選手と同等、もしくはそれ以上の成績を残した選手も少なくない。

村上宗隆(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
村上宗隆(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

 2022年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が20日、都内のホテルで行われた。1位指名する選手を事前に公表していたのは9球団。その全てが異なる選手という異例のドラフトだったが、それでも2選手に競合指名が入った。くじ引きの結果、高松商高・浅野翔吾外野手は巨人が、立大・荘司康誠投手は楽天が交渉権を獲得。今年も“外れ1位”となった選手が2人出たが、過去を遡ると逃した選手と同等、もしくはそれ以上の成績を残した選手も少なくない。

 過去5年間に絞っても“外れ1位選手”が活躍しているケースは多い。代表的なのは、今や日本球界No.1スラッガーとなったヤクルトの村上宗隆内野手(2017年ドラフト1位)。ただ、村上は7球団競合となった早実・清宮幸太郎(日本ハム)を外したヤクルト、楽天、巨人の3球団が指名し、くじ引きでヤクルトが交渉権を得ている。

 村上はプロ1年目から1軍デビューすると、2年目には36本塁打をマーク。昨年初の本塁打王を獲得し、今年は王貞治氏の日本人シーズン本塁打記録を超える56本塁打を放つなど、史上最年少の22歳で三冠王に輝いた。

 2019年ドラフトで、オリックスは石川昂弥(中日)、河野竜生(日本ハム)と立て続けにくじ引きで外し、興南高の宮城大弥を“外れ外れ1位”に指名した。宮城は1年目から初勝利をマークすると、2年目には13勝4敗、防御率2.51の好成績で新人王に。今季も11勝をマークするなどオリックスの2年連続リーグ優勝に貢献している。

 2018年ドラフトの近本光司も“外れ外れ1位”。藤原恭大(ロッテ)、辰己涼介(楽天)と続けてくじで外した阪神が、大阪ガスの近本を1位指名した。ルーキーイヤーから走攻守に優れた外野手としてレギュラーに定着。プロ4年間で3度の盗塁王、21年には最多安打のタイトルを獲得している。

 さらに遡れば山田哲人(ヤクルト)、坂本勇人(巨人)らもおり、大活躍するケースを挙げればきりがない。今年は阪神1位の森下翔太外野手(中大)、ロッテ1位の菊地吏玖投手(専大)が“外れ1位”に該当するが、プロの舞台での活躍に期待したい。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集