[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

試合中にジャスティン・ビーバーが登場する珍事が米話題「可愛いミスだ」「冗談だろ」

米大リーグ・ガーディアンズは14日(日本時間15日)、敵地ヤンキースとのア・リーグ地区シリーズ第2戦に4-2で勝利した。試合中は米実況の言い間違いが話題に。動画が公開されると、「可愛いミスだ」「大爆笑」と米ファンの話題を集めた。

ヤンキース戦で5回2/3を2失点と好投したガーディアンズのシェーン・ビーバー【写真:ロイター】
ヤンキース戦で5回2/3を2失点と好投したガーディアンズのシェーン・ビーバー【写真:ロイター】

米実況がなぜかジャスティン・ビーバーを紹介

 米大リーグ・ガーディアンズは14日(日本時間15日)、敵地ヤンキースとのア・リーグ地区シリーズ第2戦に4-2で勝利した。試合中は米実況の言い間違いが話題に。動画が公開されると、「可愛いミスだ」「大爆笑」と米ファンの話題を集めた。

 世界的有名歌手が“登板”した。ガーディアンズの先発はシェーン・ビーバー。2020年にサイ・ヤング賞に輝き、今季も13勝を挙げたエース右腕だ。しかし、5回の先頭打者に初球を投じた時のこと。試合を中継した米有料放送局「TBS」の実況ボブ・コスタス氏はビーバーの球数を紹介する際、こんな言い間違いをしてしまった。

「ジャスティン・ビーバーはですね。ジャスティンは84球を投げています。トレバー・ステファンは投球練習中」

 コスタス氏の口から2度も出てきたのは歌手の名前。違和感に気付いたのか、直後に「えっと、私はいつもシェーン・ビーバーをジャスティン・ビーバーと呼んでいます」と弁明し、笑いを誘った。

 動画を公開した米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは、文面に「ジャスティン・ビーバーがポストシーズンの瞬間を迎える」と冗談交じりにつづって投稿。米ファンからは「大爆笑」「なぜジャスティン・ビーバーが頭に浮かんだのだろうか」「これは面白い」「可愛いミスだ」「冗談だろ」「ジャスティン、デビューおめでとう」「コスタスは嫌いになれない」とご愛嬌の様子だ。

 ビーバーは5回2/3を2失点にまとめ、勝利に貢献。両チームの対戦成績は1勝1敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集