[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1メカニックも日本ファンに感銘 朝の鈴鹿で目にした光景「このGPの情熱は驚きだよ」

3年ぶりに開催された自動車レースのF1日本GP。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2年連続の年間総合優勝を決めるなど、ドラマが生まれた鈴鹿サーキットでのレースをアストンマーチンのメカニックが回顧。会場入りする朝の光景を「ファンが手を振って歓迎してくれた」と印象深げに振り返った。

アストンマーチンのメカニックが鈴鹿サーキットでのレースを回顧【写真:Getty Images】
アストンマーチンのメカニックが鈴鹿サーキットでのレースを回顧【写真:Getty Images】

アストンマーチンのメカニックが日本GP振り返り

 3年ぶりに開催された自動車レースのF1日本GP。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2年連続の年間総合優勝を決めるなど、ドラマが生まれた鈴鹿サーキットでのレースをアストンマーチンのメカニックが回顧。会場入りする朝の光景を「ファンが手を振って歓迎してくれた」と印象深げに振り返った。

 アストンマーチンは公式YouTubeチャンネルで「インサイダー:セバスチャン・ベッテル最後の日本グランプリと鈴鹿のファンにさようなら IAMSTORIES」とのタイトルで動画を公開。レース舞台裏の映像とともに日本GPを振り返った。動画に登場したメカニックのマイキー・ブラウン氏は「ファンは素晴らしいよね。情熱に関して言えば、どのGPにも勝っている」と感銘を受けた様子で、目にした光景をこう説明した。

「朝、我々が(鈴鹿サーキットに)来る時は信じられないような光景なんだ。ファンは皆入口のパドックに立って、手を振って歓迎してくれた。このGPでファンがもたらす情熱はアメージングだよ」

 日本GP開催中には、アストンマーチンのカラーであるグリーンのポロシャツとスカート姿の女性や、自作したグリーンのレーシングスーツ姿の少年をパドックやガレージに招待し、応援への感謝を示していたアストンマーチン。日本の熱心なファンの姿は、メカニックの印象にも強く残ったようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集