[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、議論白熱のMVP争いで恩師マドンが提言 62発ジャッジと「分け合えば嬉しい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回1安打1失点、6奪三振の力投も9敗目を喫したが、今季最終戦で規定投球回に到達。規定打席と合わせたダブル規定到達は史上初となった。米メディアは、今季途中までエンゼルスを率いたジョー・マドン前監督のインタビュー映像を公開。62本塁打のアーロン・ジャッジ外野手と2人で「MVPを分け合ってくれたら嬉しいね」と語っている。

ジョー・マドン前監督と大谷翔平【写真:Getty Images】
ジョー・マドン前監督と大谷翔平【写真:Getty Images】

投打W規定の大谷と62本塁打ジャッジに言及

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回1安打1失点、6奪三振の力投も9敗目を喫したが、今季最終戦で規定投球回に到達。規定打席と合わせたダブル規定到達は史上初となった。米メディアは、今季途中までエンゼルスを率いたジョー・マドン前監督のインタビュー映像を公開。62本塁打のアーロン・ジャッジ外野手と2人で「MVPを分け合ってくれたら嬉しいね」と語っている。

 アスレチックス戦、初回の3人を抑えて規定投球回に到達した大谷。今季は投手として166回を投げ、15勝9敗、防御率2.33、219奪三振といずれもトップクラスの成績を残した。打者としても打率.273、34本塁打、95打点。あのベーブ・ルースも達成できなかった投打のダブル規定到達を果たした。

 この日の試合中、米インディアナ州地元局「WISH-TV」のアナウンサーのチャーリー・クリフォード氏は、自身のツイッターを更新。大谷の恩師でもあるマドン前監督へのインタビュー映像を公開した。

 この試合以前に撮影されたもののようで、動画内のマドン氏はア・リーグ最多本塁打記録を更新したジャッジに言及。「(ジャッジが)三冠王になるのを応援していた。62号がクールなのは分かるけど、子どもたちに三冠王が何なのか理解してほしい。もはや誰も話していないからね」と語っている。

 大谷とジャッジのMVP争いは、米国で議論も白熱中。「彼(ジャッジ)には三冠王になってほしい」と繰り返したマドン氏は「昔ながらのものが、また重要になってほしい。打率とかね」「彼が三冠王を獲得して、ショウヘイ・オオタニとMVPを分け合ってくれたら嬉しいね」と異例の提言も。ジャッジは最終戦を欠場し、打率.311でアラエス(ツインズ)の打率.316に及ばなかったが、62本塁打、131打点で二冠に輝いている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集