[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃イヤーを報じ続けたLA地元紙も称賛「ジャッジがMVPかもしれないが…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回1安打1失点、6奪三振の力投も9敗目を喫したが、今季最終戦で規定投球回に到達。規定打席と合わせたダブル規定到達は史上初となった。衝撃の二刀流イヤーを連日報じてきた米地元紙は「オオタニがまたも最高のシーズンを終えた」などと称賛している。

アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平【写真:ロイター】

アスレチックス戦で投打ダブル規定到達

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回1安打1失点、6奪三振の力投も9敗目を喫したが、今季最終戦で規定投球回に到達。規定打席と合わせたダブル規定到達は史上初となった。衝撃の二刀流イヤーを連日報じてきた米地元紙は「オオタニがまたも最高のシーズンを終えた」などと称賛している。

 大谷は今季打者として打率.273、34本塁打、95打点をマーク。投手としても166回を投げて、15勝9敗、防御率2.33、219奪三振といずれもトップクラスの成績を残した。この日は初回の3人を抑えたことで規定投球回に到達。既に達成していた規定打席と合わせてダブル到達となった。

 大谷の活躍を連日報じてきた米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は、「ショウヘイ・オオタニが1失点でエンゼルスは最終戦に敗れた」との見出しで今季最終戦を報道。シーズン途中に14連敗を喫するなど、8年連続でプレーオフ進出を逃したチームと対比し「エンゼルスが失望のシーズンを終える中で、ショウヘイ・オオタニがまたも最高のシーズンを終えた」と大谷を称賛した。

「オオタニは昨季に続く、時代を感じさせるシーズンを過ごした」ともつづられた記事の中では、62本塁打でロジャー・マリスのア・リーグ本塁打記録を更新したアーロン・ジャッジ(ヤンキース)とのMVP争いにも言及。「ジャッジがMVPを受賞するかもしれないが、オオタニは2度目のMVPに向けてやれることは全てやった」と表現されていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集