[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、34発&219Kで凄すぎる金字塔 起点は「マウンドが今の位置に移動した1893年」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、今季最終戦となった敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、5回1安打6奪三振1失点で9敗目ながら、史上初の投打ダブル規定到達を達成。シーズン終了を受け、米記者は大谷が1893年以来となる偉業を達成したことを伝えた。

アスレチックス戦に先発した大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦に先発した大谷翔平【写真:ロイター】

奪三振&本塁打でMLB15傑入りは1893年以降初

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、今季最終戦となった敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、5回1安打6奪三振1失点で9敗目ながら、史上初の投打ダブル規定到達を達成。シーズン終了を受け、米記者は大谷が1893年以来となる偉業を達成したことを伝えた。

 MLB公式サイトのサラ・ラングス記者は自身のツイッターで「2022年のオオタニ」とし、219奪三振はMLB全体6位、34本塁打はMLB全体11位であると紹介。「1893年にマウンドが現在の位置に移動されてから、両方のカテゴリーでトップ15に入った最初の選手となった」と初の偉業を伝えた。

 記録の起点が、19世紀だった1893年に「マウンドが現在の位置に移動された」という点は驚き。今季、大谷は1918年の神様ベーブ・ルース以来となる2桁勝利&2桁本塁打を達成するなど、数々の偉業を達成し、その度に野球の歴史を掘り起こしてきた。シーズン終了とともにまた二刀流の金字塔が打ち立てられた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集