[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界卓球で59歳女子が絶好調 GL6戦5勝、中国メディアが伝えた「夏蓮おばさん」の魅力

中国・成都で開催中の世界卓球は男女ともにグループリーグ(GL)が終了。日本は男女ともに無敗で決勝トーナメント進出を決めた。熱戦が繰り広げられている大会で、活躍が目立ったのがルクセンブルク女子の59歳・倪夏蓮(ニー・シャーリエン)。世界ランク4位の韓国相手に2勝をマークするなどチームを牽引。同24位でグループ4番手のチームをGL突破に導いた。中国メディアはインタビュー記事を掲載。その魅力を伝えている。

韓国戦で2勝を挙げたルクセンブルク女子のニー・シャーリエン【写真:Getty Images】
韓国戦で2勝を挙げたルクセンブルク女子のニー・シャーリエン【写真:Getty Images】

59歳・倪夏蓮はルクセンブルクを牽引

 中国・成都で開催中の世界卓球は男女ともにグループリーグ(GL)が終了。日本は男女ともに無敗で決勝トーナメント進出を決めた。熱戦が繰り広げられている大会で、活躍が目立ったのがルクセンブルク女子の59歳・倪夏蓮(ニー・シャーリエン)。世界ランク4位の韓国相手に2勝をマークするなどチームを牽引。同24位でグループ4番手のチームをGL突破に導いた。中国メディアはインタビュー記事を掲載。その魅力を伝えている。

 昨年の東京五輪にも出場したベテランの倪。元中国代表の実力者は、ここまで韓国戦で30歳以上年下の相手に2勝を挙げるなどGLは個人6戦5勝と大活躍。ルクセンブルクの決勝トーナメント進出に大きく貢献した。

 中国メディア「新民晩報」は、倪へのインタビュー記事を掲載した。その中で、イランチームから親しみを込めて「夏蓮おばさん」と呼ばれ、「待ってください。いっしょに写真をとってください」と頼まれていたことも紹介。「あなたは世界の卓球選手の憧れです。みんな、大好きです」との言葉もかけられていたことを伝えている。

 倪へのサインの求めが多かったため、同メディアの記者は試合後1時間以上も待って倪に取材した模様。「どうしてそんなに卓球が好きで、なぜまだ第一線で奮戦しているのか」と尋ねるといくつか理由が帰ってきたという。

 まず1つが「たくさんの人を喜ばせることができるから」。韓国戦で20代の選手2人を破った後はSNS上でも大きな話題となったこともあり、「私は試合を通してたくさんの人を喜ばせることができる。喜んでもらうことで、私は満たされる」と語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集