[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、右腕死球で15秒動けず W規定まで残り1イニング、米記者「明日登板予定だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右腕に死球を受け、しばらく座り込んだ。明日5日(同6日)には史上初の規定投球回数&規定打席のダブル到達をかけて先発登板する予定。心配されたが、米記者は「大丈夫そうだ」と伝えた。

アスレチックス戦に出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

アスレチックス戦で苦悶の表情

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右腕に死球を受け、しばらく座り込んだ。明日5日(同6日)には史上初の規定投球回数&規定打席のダブル到達をかけて先発登板する予定。心配されたが、米記者は「大丈夫そうだ」と伝えた。

 3回、大谷が苦悶の表情を浮かべた。相手先発のアービンが投じた135キロのチェンジアップが、右腕につけたエルボーガードの上に直撃。声を出した大谷は苦悶の表情でその場にしゃがみ込み、15秒近く動けなかったが、そのまま出場を続行。一塁へ向かった。

 ツイッター上の米記者も即座に反応。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「死球を受けたショウヘイ・オオタニはトレーナーに見てもらう。ただ、大丈夫そうで出場続行」と伝え、MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も「オオタニが右腕に死球を受けたが出場続行。明日は登板が予定されている」と投稿した。

 大谷は既に規定打席に到達しており、規定投球回数にもあと1イニングと迫っている。明日のアスレチックス戦に先発予定で、偉業なるか注目される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集