[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子、全勝でグループ1位突破 連日2勝のエース張本「4年前より強いと言い切れる」

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が4日、中国・成都で行われ、男子グループリーグ(GL)最終戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同39位のハンガリーに3-1で勝利した。チーム最年少19歳のエース・張本智和が前日に続いて2勝をマーク。12年ぶりにメダルなしに終わった前回2018年大会のリベンジを狙う大会で、GL4戦全勝として1位通過を果たした。

世界卓球、ハンガリーを下した瞬間に笑顔を弾けさせた張本智和【写真:浜田洋平】
世界卓球、ハンガリーを下した瞬間に笑顔を弾けさせた張本智和【写真:浜田洋平】

4年ぶり開催の世界卓球

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が4日、中国・成都で行われ、男子グループリーグ(GL)最終戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同39位のハンガリーに3-1で勝利した。チーム最年少19歳のエース・張本智和が前日に続いて2勝をマーク。12年ぶりにメダルなしに終わった前回2018年大会のリベンジを狙う大会で、GL4戦全勝として1位通過を果たした。

 GLは3戦全勝で迎えた日本。この日は張本、戸上隼輔、今大会初出場の横谷晟の3人で挑んだ。第1試合では張本がスディと対戦。前日の香港戦では本領発揮の2勝を記録して貢献したが、この日は世界ランク159位の相手に第1ゲーム(G)を8-11で落とす。それでも持ち味の気迫を前面に出してプレー。第2Gで11-5と取り返すと、第3Gも11-7で奪取。チキータも決めるなど第4Gも11-5で取り、日本に先勝をもたらした。

 2番手で登場したのが全日本王者の戸上。世界卓球代表9度のラカトシュを相手に1点目から大きな声を出し、気迫を見せる。第1Gは競り合いになったが、最後は12-10で制した。第2GではYGサーブも駆使。11-8で連取し、第3Gは開始から6連続ポイント。前日は香港のエース黄鎮廷に悔しい敗戦を喫したが、11-3でストレート勝ちした。

 第3試合には初出場の20歳・横谷が登場。サウスポーのエチェキと対戦したが、2-2で最終Gを迎えながら、最後は及ばず。ハンガリーに1点返された。第4試合にエース張本が再び登場。ラカトシュを相手に得点を決めるたびに、ガッツポーズとともに咆哮を炸裂させた。第1Gは11-7、第2Gは11-5と連取。最後も11-4で勝ちきり、日本が3-1で勝利。全勝でGL突破を決めた。

 試合後、張本は現地のインタビューで「団体戦はみんなで戦うもの。皆で全力で頑張ることができたので、1位通過に繋がった」と手応えを口にした。「4年前より強いと言い切れるので、残り2つまず勝ってメダルを確定させたい」「目標は中国。常にトップにいるので、対戦できるところまで行きたい」と決勝トーナメントの目標も語った。

【日本男子のグループリーグ戦績】(カッコ内は世界ランク)
日本 3-0 イラン(31位)
日本 3-2 ルーマニア(20位)
日本 3-1 香港(12位)
日本 3-1 ハンガリー(39位)

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集