[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子、香港撃破でGL単独首位に浮上 圧巻2勝の張本智和「昨日のリベンジできた」

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が3日、中国・成都で行われ、男子グループリーグ第3戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同12位の香港に3-1で勝ち、3連勝を飾った。第2戦で今大会初黒星を喫したチーム最年少19歳のエース・張本智和(IMG)が2勝を挙げ、グループ単独首位に浮上した。12年ぶりにメダルなしに終わった前回2018年大会のリベンジを狙う大会。次戦は4日に同39位のハンガリーと対戦。勝てば1位で予選突破が決まる。

世界卓球香港戦、勝利を決めて笑顔で戻ってくる張本智和【写真:浜田洋平】
世界卓球香港戦、勝利を決めて笑顔で戻ってくる張本智和【写真:浜田洋平】

3連勝の日本はグループ単独首位に浮上

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が3日、中国・成都で行われ、男子グループリーグ第3戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同12位の香港に3-1で勝ち、3連勝を飾った。第2戦で今大会初黒星を喫したチーム最年少19歳のエース・張本智和(IMG)が2勝を挙げ、グループ単独首位に浮上した。12年ぶりにメダルなしに終わった前回2018年大会のリベンジを狙う大会。次戦は4日に同39位のハンガリーと対戦。勝てば1位で予選突破が決まる。

 日本は第2戦のルーマニア戦でチームの苦境を救う2勝を挙げた戸上隼輔(明大)を第1試合に起用した。対戦相手は黄鎮廷。第1ゲームはバックの攻防など互角の勝負を繰り広げたが、デュースに入ってから競り負けて11-13で先取された。第2ゲームは前陣速攻型の黄のテンポにフォアハンドのミスが目立って4-11。追い込まれた第3ゲームでもフォアの精度が上がらず、6-11でストレート負けした。

 第2試合には張本が登場。林兆恒と対戦した。過去の対戦成績は張本の1勝2敗と分が悪い相手だが、第1ゲームは序盤から鋭いバックハンドなどで主導権を握って11-6で先取。第2ゲームは互いに台から離れて打ち合うラリーを制し、雄叫びをあげながらのけぞる“ハリバウアー”も披露。11-7で連取した。第3ゲームは相手の戦術変更にもツッツキとチキータを織り交ぜたレシーブで対応し、11-4でストレート勝ちした。

 第3試合には及川瑞基(木下グループ)が出場。呉柏男と対戦した。第1ゲームは打ち合うシーンが多かったがフォアドライブでのミスもあって5-11で落とした。第2ゲームは11-7で取り返したが、第3ゲームは競り負けて7-11。第4ゲームは積極的な攻めが奏功して11-6と奪い返し、最終ゲームは一時2-7とリードを許しながらも強気のレシーブを貫き、12-10と逆転勝利を収めた。

 第4試合に再び張本が登場。相手のエース黄鎮廷を相手に第1ゲームは出だしから4連続得点で波に乗り、11-4で先取。第2、第3ゲームも強気の攻めを崩さずに奪って、日本を勝利に導いた。

 試合後、取材エリアで張本は「昨日のリベンジができた」と喜びを口にし、「全員で3点取る気持ちで、まずは予選リーグ突破したい」と語った。「昨日、あまりにもふがいない試合をしてしまった」と反省して臨んだ及川は「グループステージ1位で突破したい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集