[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「NYのスターの人気奪おうと…」 MVP強烈アピール15勝目に敵地メディア脱帽

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。敗れた敵地メディアも脱帽している。

自己最多15勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
自己最多15勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アスレチックスの地元メディア「オオタニが最後のMVP争いにプッシュ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。敗れた敵地メディアも脱帽している。

 アスレチックス打線にすれば、屈辱寸前の快投だった。大谷は初回先頭に四球を出して以降は、縦に落とし、横に曲げる変幻自在のスライダーを武器に三振の山。7回まで無安打投球を継続し、8回も2死までアウトを奪った。大記録まであと4人から初ヒットを打たれ、この回限りで降板となったが、本拠地は大歓声だった。打っても初回に自らを援護するタイムリーで今季94打点目を挙げるなど、2安打1打点をマーク。史上初の投打規定到達にあと1イニングと“王手”をかけた。

 米カリフォルニア州でアスレチックスの試合を中継する地元局「NBCスポーツ・ベイエリア」は試合後、「オオタニが最後のMVP争いへのプッシュを見せ、アスレチックス戦で8回までノーノーを記録」と見出しを打って記事を掲載し、ヤンキースのアーロン・ジャッジとのMVP争いについてクローズアップした。

「アーロン・ジャッジが61号を放った翌日、ショウヘイ・オオタニはヤンキースのスターの人気を奪おうと最善を尽くした」と報道。「コナー・カペルが遊撃への安打を放つまで、オオタニはアスレチックスを7回2/3までノーヒッターに抑えた」と試合を振り返った。「ジャッジが三冠王の可能性を残す中、オオタニはマウンド上と打席で驚くべきスタッツを残している」とし、防御率2.35、161イニングで213奪三振、打っては29二塁打、34本塁打、94打点を記録していることを伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集