[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

球速163kmの韓国高校生、日本のドラフト候補斬りに海外衝撃「韓国に凄い才能がいる」

野球の「第30回WBSC U18ベースボールワールドカップ(W杯)」は15日(日本時間16日)、スーパーラウンドが行われ、日本は韓国に0-8で敗れた。最終回に登板したキム・ソヒョンが浅野翔吾外野手(高松商3年)から見逃し三振。101マイル(約162.6キロ)直球の動画をWBSCが公開した。海外ファンは「噂に違わぬ出来栄えだ」「韓国に凄い才能がいる」と衝撃を受けている。

U18野球W杯日本代表の浅野翔吾【写真:Getty Images】
U18野球W杯日本代表の浅野翔吾【写真:Getty Images】

韓国キム・ソヒョン投手の剛速球に海外驚愕「とんでもない瞬間」

 野球の「第30回WBSC U18ベースボールワールドカップ(W杯)」は15日(日本時間16日)、スーパーラウンドが行われ、日本は韓国に0-8で敗れた。最終回に登板したキム・ソヒョンが浅野翔吾外野手(高松商3年)から見逃し三振。101マイル(約162.6キロ)直球の動画をWBSCが公開した。海外ファンは「噂に違わぬ出来栄えだ」「韓国に凄い才能がいる」と衝撃を受けている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 日本の高校野球No.1スラッガーも手が出なかった。0-8で迎えた最終7回の二死満塁。高校通算67本塁打の今秋ドラフト候補・浅野を迎えた。カウント1-2からの4球目。キム・ソヒョンの右腕が唸りを上げた。中継画面の球速は101マイルを表示した外角の剛速球。見逃し三振で試合を締め、派手なガッツポーズを取った。

 動画を公開したWBSC公式ツイッターは、文面に「キム・ソヒョンが101マイルで試合を終わらせた」と記して投稿。韓国プロ野球のハンファ・イーグルスにドラフト指名された18歳に対し、海外ファンからは「噂に違わぬ出来栄えだ」「何だ? 彼は子どもだぞ」「101マイル!?」「とんでもない瞬間」「韓国に凄い才能がいる」と驚愕した様子の声が寄せられた。

 完敗した日本は1次ラウンドと合わせた通算成績が1勝2敗に。次戦は16日(同17日)にオランダと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集