[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ、変化球攻略56号! 宿命ライバル相手に豪快な一撃に米記者「何というショー」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が13日(日本時間14日)に行われた敵地レッドソックス戦の6回に今季56号となる同点ソロを放った。6試合ぶりの一発。米記者からは「何というショーを披露していることだろう」といった声が上がっている。

56号を放ち、チームメイトとハイタッチするヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
56号を放ち、チームメイトとハイタッチするヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が13日(日本時間14日)に行われた敵地レッドソックス戦の6回に今季56号となる同点ソロを放った。6試合ぶりの一発。米記者からは「何というショーを披露していることだろう」といった声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 軽く振り抜いた。2-3と1点ビハインドで迎えた6回。レッドソックス右腕ピベッタの初球、甘く入った78マイルのナックルカーブに反応すると、打球は右中間スタンドに飛び込んだ。6試合ぶりとなる56号に宿命のライバルの本拠地でも拍手が鳴り響いた。

 米記者もツイッターで即座に反応。米紙「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿するアダム・ザガリア記者は「アーロン・ジャッジが56号。ロジャー・マリスまであと5本だ」と綴り、米カリフォルニア州地元局「KFSN-TV」のレポーターのコリン・ホガード氏も「アーロン・ジャッジはア・リーグレコードとなる64本塁打ペースだ」と記した。

 米ロードアイランド州地元紙「プロビデンス・ジャーナル」のビル・コーク記者は「今季、彼は何というショーを披露していることだろう」と感嘆。米ペンシルベニア州地元紙「ポコノ・レコード」のレポーターのフランク・ピスカニ氏は「正直に言って、アーロン・ジャッジが本塁打を打たなかった時の方が注目に値すると思う」と、もはやジャッジの本塁打が日常的になっているようなツイートをした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集