[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村上宗隆の55号は「ジャッジと同じ興奮」 米メディアは「正に怪物」「好意持てる」と熱視線

プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手が13日の本拠地・巨人戦で2本塁打の活躍。今シーズンの本塁打数を55とし、1964年に王貞治氏が記録した日本選手最多と並んだ。スポーツ・チャンネル「DAZN」は本塁打の動画を公開。米メディアは「本塁打記録追うのはジャッジだけじゃない」「ムラカミは正に怪物だ」と熱視線を浴びせる一方、村上の特長にも注目している。

村上宗隆【写真:Getty Images】
村上宗隆【写真:Getty Images】

村上に米国から熱視線

 プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手が13日の本拠地・巨人戦で2本塁打の活躍。今シーズンの本塁打数を55とし、1964年に王貞治氏が記録した日本選手最多と並んだ。スポーツ・チャンネル「DAZN」は本塁打の動画を公開。米メディアは「本塁打記録追うのはジャッジだけじゃない」「ムラカミは正に怪物だ」と熱視線を浴びせる一方、村上の特長にも注目している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 海の向こうでも注目の的となった。1-3で追う4回、村上は菅野智之投手の初球を豪快に弾き返した。グングン伸びる打球は右翼席へ一直線。打った瞬間確信する54号ソロだった。4-9の9回2死一、二塁の第5打席には、大勢投手から左翼席へ突き刺す55号3ランを放った。

 1試合2発で1シーズンの日本選手最多本塁打記録に並んだ村上には、米国での注目度も日増しに高まっているようだ。MLB公式サイトは「ジャッジだけではない:海の向こうでスラッガーが本塁打記録を追う」との見出しで特集記事を掲載。米国で13日(日本時間14日)に今季56号、57号を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手を引き合いに出し「ムラカミは正に怪物だ」と称賛した。

 記事では、ヤクルトで村上と同僚のパトリック・キブレハン外野手のコメントを紹介。「彼は特別な人間でスーパースターに求めるものすべてを持っている。彼は謙虚で敬意を持っている。まだ若いが全国を席巻している。ファンは彼を一目見ようと宿泊先で待ち構えているんだ。ロックスターとプレーしているかのようだよ」と村上の実力と人気を説明していた。

 米スポーツメディア「スポーティングニュース」も「ムラカミとは何者か? 22歳の日本の怪物はMLBの熱視線を浴びる次のNPBスターになる可能性も」と題した記事を掲載。「映像を見ると好意を持てる部分はたくさんある。忍耐強いヒッターで、NPBでの4シーズンで少なくとも70四球。ムラカミは昨季のセ・リーグMVPで176wRC+を記録した」と分析した。

 米ニュージャージー州地元紙「nj.com」は「日本の野球ファンは(ジャッジに対する米ファンと)同じ興奮を味わっている。ムラカミがその男だ。歴史を作っている」と注目。米メディア「ボードルーム」は「初心者のためのムラカミガイド」と題した記事で「偉大な日本の先輩の足跡を追う新進気鋭のスラッガー」「世界で最も印象的な野球選手は米国ではプレーしていない」と熱視線を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集