[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、MLB自己最速163.2kmで球団史上最高速K 米絶賛「ジャッジにこれは出来ない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。3回のピンチでメジャー自己最速となる101.4マイル(約163.2キロ)の直球で三振を奪取。奪三振を記録した球としては球団史上最速となった。

敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場の大谷翔平【写真:ロイター】
敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場の大谷翔平【写真:ロイター】

奪三振を記録した球としては球団史上最速

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。3回のピンチでメジャー自己最速となる101.4マイル(約163.2キロ)の直球で三振を奪取。奪三振を記録した球としては球団史上最速となった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ピンチで大谷のギアが上がった。5-1の4回2死二、三塁、左打者タッカーに対し、2球で追い込むと背番号17は渾身の力を込め、直球を投げ込んだ。高めに来た威力ある球に打者は手が出ず、見逃し三振。球速はメジャー自己最速となる101.4マイル。大谷は雄叫びを上げ、感情を露わにした。

 MLB公式サイトのサラ・ラングス記者は自身のツイッターで「101.4マイル! ショウヘイ・オオタニのMLBキャリアで最速の一球。またピッチング・トラックが始まった2008年以降、エンゼルスの投手が三振を奪った最速の球に」と大谷が達成した記録を紹介した。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターもこの場面を紹介し、米ファンからは「この男はやばすぎる」「現実の世界とは思えない」「向こう10年間彼がMVPだ」「先発投手が100マイル以上を投げるとは」「パーフェクト」「ジャッジはこれ出来ない」と驚きの声が上がった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集