[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 4年前と真逆? ザッケローニ氏が見る西野ジャパン「良い結果になるかもしれません」

4年前と真逆? ザッケローニ氏が見る西野ジャパン「良い結果になるかもしれません」

サッカー日本代表は12日の国際親善試合・パラグアイ戦に4-2で逆転勝ち。西野新体制3戦目で初勝利を挙げ、19日のワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ初戦・コロンビア戦に弾みをつけた。希望の光が見えてきた西野ジャパンに対し、前回大会で率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、母国イタリアの情報サイトのインタビューに応え、エールを送っている。

アルベルト・ザッケローニ氏【写真:Getty Images】
アルベルト・ザッケローニ氏【写真:Getty Images】

イタリアの日本情報サイトがザッケローニ元監督をインタビュー

 サッカー日本代表は12日の国際親善試合・パラグアイ戦に4-2で逆転勝ち。西野新体制3戦目で初勝利を挙げ、19日のワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ初戦・コロンビア戦に弾みをつけた。希望の光が見えてきた西野ジャパンに対し、前回大会で率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、母国イタリアの情報サイトのインタビューに応え、エールを送っている。

【特集】「与えられるものは有限、求めるものは無限」 金メダルの裏にあった“覚悟” / スピードスケート 小平奈緒さんインタビュー(GROWINGへ)

 4年前に日本代表の指揮を執り、ブラジルに乗り込んだイタリア人監督は母国の日本情報サイト「OHAYO」のインタビューに登場。現在はUAE代表を率いているザッケローニ氏だが、決戦を目前に控える“古巣”についても気にかけているようだ。

「日本はこれまでを振り返ってはいけません。彼らのテクニックと忍耐力を持ってゲームしなければいけない。これらをベースとしてチャンスを掴む必要があります。選手が選手としてあるチームでなければいけません。私が代表監督時のブラジルW杯直前の親善試合は良い試合でしたが、現在は少し違いますね。これが逆に良い結果になるかもしれません」

 ザッケローニ氏は現在の日本代表についてこう見ているという。ブラジル大会は直前にテストマッチで3連勝。メンバーも充実した年齢を迎えており、過去最強との呼び声も高かった。しかし、本大会は1分2敗でグループリーグ敗退。今回は対照的に戦前の評価は低いが、本大会は別物と分析している。

 急遽指揮を執ることになった西野監督については、こう言及している。

「彼は私より多くの事を知っているし、監督としての多くの経験もあります。心理的には良い方向に向かうでしょう。唯一(国外大会で)決勝トーナメントに進めた2010年W杯の栄光を忘れる必要はありません。この時はオカダサンという日本人監督でした」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー