[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

C.ロナウド、「今より慎ましかった」時代の愛車に海外注目「普通の車を運転してた」

海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウドの過去の愛車に再び注目が集まっている。19歳の時に480万円の車に乗っていたことをスペイン紙が特集。「今よりずっと慎ましかった」と当時を振り返っている。

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

スペイン紙の特集記事で公開されたC.ロナウドの愛車事情

 海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウドの過去の愛車に再び注目が集まっている。19歳の時に480万円の車に乗っていたことをスペイン紙が特集。「今よりずっと慎ましかった」と当時を振り返っている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 個人では年間世界最高選手に贈られる「バロンドール」を5回受賞し、チームでは欧州最高のタイトルとなるUEFAチャンピオンズリーグをレアル・マドリード時代に4度制覇。押しも押されもせぬスーパースターで、昨季12季ぶりにマンチェスターUに復帰したが、7日に行われた今季開幕戦ではベンチスタートとなり、移籍報道が過熱している。

 そんな中、スペイン紙「マルカ」は「クリスティアーノ・ロナウドが180万ユーロ(約2億4716万円)を得ていた時、『普通の』車を運転していた」との見出しで特集記事を展開。「彼の最初の車は、今よりずっと慎ましかった。マンチェスター・ユナイテッドに移籍した19歳の2004年にそれを購入した」とし、その車は「黒の『アウディS3』だった」という。

 同紙は「この車は、現在ロナウドが所有している車とは比べ物にならないが、それでも最高速度は時速243キロで、停止から60キロまで6.6秒で到達。これは立派な数字だ」と紹介。さらに「この車は3万5000ユーロ(約480万円)だった。当時、年俸180万ユーロを得ていた彼にとっては、何でもない金額だっただろう」と、意外と“庶民派”だった過去を伝えている。

 世界最高峰選手の一人に上り詰めたC.ロナウドの今季年俸は、欧州メディアの報道によると2680万ポンド(約43億円)。スポンサー収入などを含めると年収は100億円近い金額に及ぶ。それだけに現在の愛車コレクションも豪華。同紙によると、発売当初は1億8000万円と言われたブガッティ・ヴェイロンをはじめ、フェラーリ F12 TD、ランボルギーニ・アヴェンタドール、ロールス・ロイス・ゴースト、ポルシェ911 ターボSなど複数の超高級車を所有しているという。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集