[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

驚異の“386yドライバー”をぶっ飛ばした英名手に衝撃「とんでもない。過去No.1かも」

米男子ゴルフのプレーオフ第2戦・BMW選手権が18日(日本時間19日)、米デラウェア州のウィルミントンCC(7534ヤード、パー71)で初日が行われた。世界ランク3位ロリー・マキロイ(英国)が6バーディー、1トリプルボギーの68で回って3アンダーの13位発進。380ヤード超えのドライバーショットを連発した。PGAツアーがビッグドライブの動画を公開。米メディアは「とんでもない」と報じた。

380ヤード超えのドライバーショットを連発したロリー・マキロイ【写真:ロイター】
380ヤード超えのドライバーショットを連発したロリー・マキロイ【写真:ロイター】

マキロイのドライバーショットに注目

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦・BMW選手権が18日(日本時間19日)、米デラウェア州のウィルミントンCC(7534ヤード、パー71)で初日が行われた。世界ランク3位ロリー・マキロイ(英国)が6バーディー、1トリプルボギーの68で回って3アンダーの13位発進。380ヤード超えのドライバーショットを連発した。PGAツアーがビッグドライブの動画を公開。米メディアは「とんでもない」と報じた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 マキロイが飛ばしまくった。ドライバーに力を込めてマン振り。1番で339ヤードをマークすると、4番は345ヤードだった。492ヤードの5番パー4の第1打は、なんと386ヤードでバーディー。11番は365ヤード、14番は385ヤードだ。

 米専門サイト「ゴルフウィーク.com」は「マックス“ハッセルホフ”ホーマ、ロリー・マキロイのとんでもないドライバー(そして彼のトリプル)が木曜のBMW選手権の振り返り」と衝撃まじりの見出しで注目。「ロリー・マキロイは今日、最高のドライバーだった。過去最高だったかもしれない」と驚きをつづった。

 さらに「彼は380ヤード以上を複数と330ヤード以上を9本打った。イイ感じだ」と紹介。しかし、15番パー3でトリプルボギーをたたき、「難しいパー3で、池ポチャと3フィートのパットミスで3アンダーとなった」とスコアを落としたことを説明した。飛ばせばいいというわけではないが、飛んで曲がらないドライバーは武器になる。単独首位のキーガン・ブラッドリー(米国)には4打差としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集