[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「こんなの見たことない」 米野球界の“誰も捕れない二塁打”が話題「衝撃的だ」

米マイナーリーグで珍しい一打が生まれた。17日(日本時間18日)に行われた3Aの試合で、左翼フェンスを直撃した打球がそのままめり込んでしまった。“誰も捕れない二塁打”の動画を米メディアが公開。米ファンからは「こんなの見たことない」と反響が集まった。

ブルージェイズ傘下に在籍するガブリエル・モレノ【写真:Getty Images】
ブルージェイズ傘下に在籍するガブリエル・モレノ【写真:Getty Images】

米マイナーリーグの試合で生まれた一打とは

 米マイナーリーグで珍しい一打が生まれた。17日(日本時間18日)に行われた3Aの試合で、左翼フェンスを直撃した打球がそのままめり込んでしまった。“誰も捕れない二塁打”の動画を米メディアが公開。米ファンからは「こんなの見たことない」と反響が集まった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 米大リーグのブルージェイズ傘下バイソンズとフィリーズ傘下アイアンピッグスの一戦。3-15の9回1死一塁、バイソンズのガブリエル・モレノが放ったライナー性の打球は左翼フェンスを直撃した。しかし、跳ね返りを待っていた左翼手は突然両手を広げてアピール。なんとボールがフェンス上部にめり込んでしまったのだ。

 記録はエンタイトルツーベース。左翼手はジャンプしてボールを抜き取ろうとしたが、あきらめのポーズを見せた。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが動画を公開。「ブルージェイズのプロスペクト、ガブリエル・モレノがこのボールを強烈に叩き返し、壁に突き刺さった」と伝えた。

“絶対に”捕れない一打に対し、米ファンからは「信じられない」「ヤバいな」「これは凄い」「Wow」「衝撃的だ」「彼にこんなパワーがあったなんて」「こんなの見たことない」と驚きのコメントが寄せられ、話題を集めているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集